2010年11月10日

海外旅行先からの搬送

この夏休み、
海外旅行へ出られた方も多いのではないでしょうか!?
皆さんその際には旅行傷害保険などに加入されていますか!?

先週搬送された患者さんは50代男性。
海外から帰着された航空機より、民間の救急車両を使って
ご自宅の傍の病院と言う事でうちへの転院搬送になりました。


8月に夏休みを利用してヨーロッパへ家族旅行をされた際に
現地で脳出血を起こし意識不明のまま入院。
幸い観光名所からフライングドクターサービスで
近隣の大規模病院へ短時間で搬送され、
即オペとなりそのままICUにてふた月余りの入院生活だったそうです。

同行された奥様は語学力に全く自信がなく
医者の説明や付添いの際の宿泊先などの手配も
全て通訳を介さないと何も進まない状況だったようです。

幸いパッケージ旅行だったようで、現地係員が通訳などの手配をされ
病院近くのホテルの手配などもしてくれたようなのですが
通訳とは言え、医療用語をそのまま日本語へ訳せる人は少なく
日本語での既往症を伝えても、それを上手く医師に伝えられないなど
何度も何度も聞き返しながらのやり取りで、
奥様にとっては可也ストレスの貯まるふた月だったようです。

それでも容態は日々安定され、意識は戻らないものの
安静を保てるようなら帰国も可能だろうと言う事に。。。

そこで再度旅行会社の方へ帰国便のベット手配や
空港までのアンビュランスの手配など一切を頼み終えて
それまでに日本から駆けつけていたお嬢様も一緒に
帰国しようとされた際に、現地係員から知らされた全ての請求額が
なんと入院治療費のみでも数千万円掛かっていたそうです。

幸い医療費は海外旅行傷害保険でカバーできたそうで
現地では一切の支払いはなかったそうですが
もし保険に入っていなかったらと思うと。。。
そう言って現地での請求書のコピーを見せてくださいました。

奥様もお嬢様も、先ずはご主人のお身体の心配で頭が一杯な時に、
自分には分からない外国語で書かれた請求書や
現地通貨で示された請求額などを円換算する余裕はなく
しかも通訳が病状についてよく説明出来ない様子なので
お金の事など二の次・三の次と言ったところでしょう。


見せていただいた現地の請求書を見ると
請求は1週単位で、支払いが無い場合は退院してもらう・・・
シッカリとそう書いてありました!

つまり意識のない入院患者でも、支払いが無ければ直ぐに
治療レベルの低い公営病院へ転院させるということなのでしょう。

ただ公営病院はベットが常に満床で、
新たな受入れが可能かどうかは時の運です!
しかも高度医療は期待できないのが一般的です。



日本でも医療費は基本的には可也高額です。
それを収入などに応じて3割負担とか、負担0とかの
医療保険制度(政府管掌保険)があるので
個人での支払額は安く抑えられています。

勿論保険適用外の治療もあるので
それらは可也な高額になりますね。

日本でも保険証を持っていない外国の方や
保険料を滞納している方たちで正規手続きをされていないと
やはり治療費の全額負担になりますから
それなりの請求額になるので、その大切さを実感された事でしょう。


この奥様も帰国時の機内で本当に保険に救われたと
思われたそうです。

もし全額負担を請求されていたら、主人の容態どころじゃなく
どうやってお金を工面するかで頭が真っ白になるところだった。

そう言って少し微笑まれていました。

楽しい思い出作りのはずの海外旅行で
ご主人様が急に倒れられ、早くもふた月半になります。
未だ意識はハッキリしませんが
やっとご自宅近くへ戻られたのですから
後は何とか回復への道筋が見えられると良いのですけれど。。。








nasubi83 at 02:37|PermalinkComments(4)TrackBack(0)病棟 

2010年11月08日

お散歩も出来るんだよ!

IMG_2265_R



























ここはどこかな?

IMG_2266_R
どこでもいいけど、お天気が良いからママとお散歩しています!
あれからだいぶ歩けるようになったんだよ!!
皆さんご心配おかけしてすみませんでした。
IMG_2267_R

今年は紅葉がいまいち綺麗じゃないらしいけど
僕はお散歩できるだけで嬉しいんだ!!

IMG_2271_R

この場所なんとなく覚えています!
春にママとイヌリンピックに来たところですね!?

IMG_2273_R
 
レインボーブリッジは僕が入院していた時に
毎日ママが面会に通ってくれた橋なんだ!
やっと二人で眺めることができたよ(笑)
IMG_2297_R
 
だいぶ体力も付いてきたから砂浜でも歩こうかな!?
足腰鍛えなきゃいけないからね。

でもママがまだ無理するなって走らせてくれないんだよなぁ。。
IMG_2303_R
 
それでもゆっくり二人で歩いて来たので
いろんな人から声かけられちゃってお友達もできたんだ!
ここはワンコも多いからね(笑)

IMG_2305_R
 
お台場砲台公園からは、レインボーブリッジ越しに
東京タワーが見えるんだよ!

どこにあるのかわかるかな?
僕のお鼻の上あたりだよ!
見えますか?

IMG_2307_R
 
もう少し暗くなるとネオンライトが綺麗になるけど
僕は寒くなる前に帰らなきゃいけないらしいし
ママもこの後お仕事だって言ってるから仕方ないかな!
 
IMG_2308_R

帰ろうかと振り向いたらさっき来た浜辺で
何かの撮影をしていました。
IMG_2311_R

フジテレビの足元ですから撮影も当たり前かぁ。。。

IMG_2312_R

なんの番組かは分からないけど、船に乗っていたのは、
カンニングの竹山さんと、しょこたん事中川翔子さんでした。

やっとお散歩も出来るようになったので
こうして海風を楽しむことも出来ました!

これからも無理はできないし、再発リスクはいつでもあるので
ママと一緒にゆっくり体力回復に努めていこうと思います!

ママのお休みにはこれからも何処かに連れて行ってもらうんだ!
何処かで僕を見かけたらまた声をかけてくださいね!!







nasubi83 at 21:07|PermalinkComments(4)TrackBack(0)ランディ 

2010年11月05日

タクシードライバーのpathos

準夜明けの午前1時過ぎ。。。
やっと勤務も終わったと、同じシフトをこなした看護師さんと
更衣室へ向かう途中のフロアで缶コーヒーで一息入れていたら
循環器病棟から「急変」の連絡が入ったと、
引き継いだばかりの深夜帯の看護師さんが呼び戻しに来ました。

病棟で患者さんが急変された場合、時間帯やその状態によっては
救命のスタッフが駆けつけて処置を行なうことがあります。
その際、救命救急が手薄になるので認定看護師や専門看護師は
そのカバーのために呼び集められる事があります。

当然私も呼び戻されて、救命のDr.やCNが戻るまで
搬送されてくる患者さんの受け入れ態勢を整えていました。

1時間ほどして病棟から戻ったスタッフと引継を終え
やっと帰れると思って更衣室へ向かったのが既に3時近く・・・

また遅くなってしまったので、仕方なくタクシーで帰ろうと
タクシー乗り場へ向かうと、ちょうど1台だけ止まっていて
待たずに乗れるのがちょっとラッキーという気分で近寄ると・・

運転手さんが、シクシク泣いているんです。。。

「すみません。。 乗せてもらえますかぁ!?」
そうお聞きすると、目頭をぬぐって 「あっ! どうぞ」

行き先を告げた後、 「どうかなさいましたか?」とお聞きすると
運転手さんが少し鼻を啜りながら話し始めて

いま此処まで乗せて来たお客さんが
お父さんが危篤に成ったと連絡があったのに
その時は居酒屋で盛り上がっていて携帯が鳴ってるのに気付かず
留守電を聞いて慌ててタクシーに飛び乗って駆け付けたけど
こちらへ向かっている途中で、亡くなったと電話があったそうです。

タクシーに飛び乗った時に、「兎に角急いで〇〇病院へ」と言われ
ただ事じゃないのが分かって、出来るだけ飛ばして来たのに・・・

車中でも危篤になったお父さんの話や、
自分が飲んでいて電話に気付かなかった事を悔やんだり
自身を攻めるお客さんの気持ちが痛いほど伝わり
何とか早く着くよう道を選びながらもお客さんを励まし
ずっと話しかけていたのに・・・

亡くなったと連絡があった所からは、逆にかける言葉もなく
車中はずっと無言の空間になってしまったそうでした。

この運転手さんも一昨年お父様をなく亡くされていて
もうすぐ三回忌の法要なのだそうです。

その時も、乗務明けの非番のお昼ごろで
やっと寝付いた所だったので、病院からの電話に気付かず
駆けつけた時には既に事切れた後だったそうです。

だからなのでしょう、このお客さんの気持ちが
自分にフラッシュバックして涙が止まらなかったようです。


たまたま乗せたお客さんとの会話の中で
こんなにも相手の気持ちを受け止めて
少しでも早く着けるよう考えながらも励まし続け走ってきたのに。。。


もしかしたら私が呼び戻された患者さんの急変は
そのお客さんのお父様だったのかも知れません。

手を尽くしても助けられない事が有るのは
人一倍分かっているつもりですが、
どうにかしてその確率を下げることができないのかと
自分たちのやっている仕事のちっぽけさに
情けなさを感じる思いで帰って来ました。。。。









nasubi83 at 11:03|PermalinkComments(4)TrackBack(0)病棟 

2010年11月01日

ハロインの贈りもの

昨日はハロインでしたね!
小さなお子さんのいらっしゃるご家庭では
子供達が集まったりしてパーティなど楽しまれましたか!?

病院でもハロインは一大イベントなのですよ(^^)
長期入院していたお子さん達は、
この日の為に毎日折り紙やセロハンなどを使って思い思いに
飾り付けや仮装用の衣装を私達スタッフやボランティアの
おじさんおばさん達に手伝ってもらいながら作っていました。

そして本番の昨日は元気なお子さんは可愛く仮装して・・・、
車椅子のお子さん達もひざ掛けなどを飾って・・・

みんなこの時ばかりは病気のことも忘れたかのように
元気な笑顔になってナースステーションや医局、
それにホールなどを一回りして、「トリックorトリート」と
覚えたての決まり台詞を口々に楽しんでくださいました!

勿論治療中のお子さん達ばかりですから
皆にお菓子を上げる訳には行かないので
私達から一人ひとりに手作りしたメダルとお手紙を
感謝の気持ち一杯にして差し上げました。

こう言ったイベントはお子さん達ばかりでなく
大人の患者さんや面会の方もホールへ集まって下さり
お子さん達の仮装を見ながらみなさん笑顔になっていましたよ(^^)

笑顔って、それだけでお薬以上の効果が有るように思います。

特に病院ではお子さん達のハシャギ声が響く事など稀で
周りの病気と闘う同志を、小さいながらも気遣うなど
うちのように重篤な状態の患者さんが多い病院では
子供らしい笑顔を見せられるチャンスも少ないのです

そんなお子さん達が、ひと時ばかりではあっても
満面の笑顔でステーションやホールを回り
子供らしさを取戻してくれるのは、私達にしても嬉しい事です。

そしてそれ以上に嬉しく思っていただけたようなのは
お子さん達のご両親だったようでした。

このひと月余り、面会に来られたついでに
私達と一緒に折り紙を折って下さったり飾り付けを手伝って頂いたり
お子さん達との面会時間の後もお手伝いをしていただき
イベントの最後にはお子さん達へ父さんお母さん達から
コーラスのプレゼントがありました。

このイベントを見ていたほかの患者さん達も
お子さん達の笑顔のお裾分けを頂いたようで
皆さん笑顔になられて、最後のコーラスの時には
あちらこちらからいつの間にか歌声が上がって
自然と大きなハーモニーになっていました。

車椅子の患者さんもストレッチャーに乗ったまま
ホールまでスタッフと来てくださった患者さんも
そして何より主役のお子さん達にも、
あの笑顔のハーモニーはきっとお薬以上の効き目があるでしょう!


イベント終了後、間もなく面会時間も終わり
ボランティアの方や患者さんのご両親などとスタッフも一緒に
ひと時の打ち上げに出かけたようでした。

ご両親にとっても、
お子さんの入院中にはそちらで気が一杯ですから、
数時間の打ち上げも大切なリフレッシュになるでしょう。
そうやってイベントが患者さんやそのご家族の
一服の清涼剤になって頂ければ開催準備をした甲斐も有りますね。

ただし・・・
私はといえば、そのまま深夜勤務でしたので
朝まで急変などが起こらない事を祈りながら
特にハシャギ回ったワンパク君達の就寝状況を気に掛けながら
通常勤務についてきました。。。












nasubi83 at 12:27|PermalinkComments(4)TrackBack(0)イベント 

2010年10月24日

幸せって。。。!?

ランディが大病をして、彼の幸せって何だろうって
よく思うようになりました。

ランディに限らず、犬の幸せってなんなのだろうなって。。。

高級なお肉のご飯をもらって毎日のお散歩?
グルーミングに手慣れた家の人がいて嫌な思いもなくブラッシング?

本能からご飯はかなりなウェートで重要でしょうね。
でも犬にとっての幸せは、高級なお肉のような物的なことよりも、
飼い主に愛され、飼い主を信頼出来る事かなって何となく思います。
 

通勤途中に脳梗塞の後遺症なのでしょうか、
半身にハンディキャップがあり、歩行もままならない方が
よくお散歩をしている姿を見かけます。
傍らにはいつも飼い犬なのでしょう、ワンコが付き添っています。

犬のためのお散歩? 
リハビリのお散歩?
それとも両方を兼ねたお散歩?
わたしにはわかりません。


別のワンコはいつも飼い主のおばあさんの後ろに付いて
振り返るおばあさんの顔を見上げながら歩いています。
ワンコの首にはリードの変わりにごく普通の綱。
多分、家の外で鎖につながれて飼われているのでしょう。


そんなワンコを見ていると
この2匹の犬はきっと幸せなんだなぁって思います。

時々ちゃんと予防接種はしてもらっているかな? とか、
毛づくろいなどしてもらっているのかなぁ? なんて思ったりしますが
何よりも飼い主さんと心が繋がっているような気がします。


犬は飼い主を選んだりできませから、純粋にその親を見ていますね。
だからなのか人間よりもずっと繊細な生き物のような気がします。

犬の幸せは飼い主によるところが大きいですが、
その飼い主は飼い犬に幸せにしてもらっているのだと
改めて最近より強く思うようになりました。


ランディの大病は先天的なもので、
その上治療で根治できるものではありませんでした。。。

何度かの検査を繰り返し、当初から予測された最悪の結果。
本来身体を守るべき免疫効果が、自分の健康な細胞までをも
外的侵入と判断し攻撃して、正常細胞を壊してしまう病気。
そういう診断がつきました。
年齢がいけば定期的に輸血も必要になるでしょう!

彼は生まれながらにして、両膝の脱臼という疾患を持ち
一番すがりたい母親には育児を放棄され
その上、今度は免疫性の先天性疾患がある事まで判明して・・・


ランディの治療費についての説明を受けた際
獣医さんからは最悪の場合、今後もこうした治療を生涯にわたり
定期的に行わなければならず、その費用だけでも
毎回の診療費がOLさんのお給料くらいはかかります。
そう言われた事もありました。。。



それでも彼は毎日私に安堵感や笑顔を与えてくれています。

彼が来るまで私は家へ帰ってから笑顔などしていたのかな!?
仕事で気になることがあればずっと引きづっていたし
落ち着く時間など持っていたのでしょうか!?

きっと答えはNoです!

彼が私に与えてくれる「もの」に、
私は何か応えて上げられているのでしょうか?

食べ物など物的な事や医療費など金銭的な事ではなく
彼に安心感や寛げる(落ち着ける)気持ちのゆとりを
与えて上げられているのでしょうか!?

せめて彼の純粋な眼差しにこたえられるよう
そして私への信頼を受け留められる飼い主でありたいと思います。

マダマダなことは誰よりも私自身が一番知っていますが・・・・・






nasubi83 at 01:18|PermalinkComments(8)TrackBack(0)ランディ 

2010年10月21日

子供たちの願いは・・・

ハロインが近づいて来ました。

今年はランディの事が心配で、
なかなかイベントのお手伝いもできなかったのですが
入院されて懸命に病気と闘っている患者さんたちには
こうしたイベントは一服の清涼剤となりますし
取分け小さなお子さんたちには、毎日の闘病の苦しみからの
リフレッシュのためにも大切なイベントになっていますので
私もできうる範囲でのお手伝いとイベント進行に就いています。

そんな中、小学生の男の子と一緒に折り紙を使って
装飾用の飾りを作っていた時の会話でこんなことが。。。


男の子 「本場のハロインって何か美味しい物食べられるの?」

なすび 「お料理じゃないけれど、近所のおうちを子供たちが回って
       お菓子を貰ったりするのよ」

男の子 「なんだ! じゃあお菓子しか食べられないんだ」

なすび 「クリスマスだとお料理も豪華になるけど
       ○○君は何が食べたい?」

男の子 「僕はケーキも食べられるけど、
        △△ちゃんはコーラが飲みたいってずっと言ってるんだ」


△△ちゃんとはこの男の子の隣の病室に入院している女の子。
心臓疾患があるので水分摂取も規制されていて
思うようにお水も飲めない患者さんです。


入院している子供たちは、なんとなく自分より病状の重い子を察知し
いつの間にか気遣うようになったりする子が多いです。

自分は出来ることが、病状によっては規制されている子に対しては
同情というより連帯感と言った感じの何かで結ばれるようで
この年齢の子供たちには似合わないほどの
優しい気遣いを見せることもあります。

この男の子もその女の子から見えるところでは
病院の食事ですらコップからお茶やお水を飲むことはせず
残す事すらあったそうです。


この年齢の子供たちなら、
 「なんだ、お菓子しか貰えないのか!ゲームがいいのに!」
そんな言葉が出ても不思議ではないのに・・・


やはり病院の中は、願い事すら日常とは違うのです。。。



nasubi83 at 12:13|PermalinkComments(4)TrackBack(0)お子さんたち 

2010年10月19日

徐々にですが。。。

皆様にはご心配をおかけしてしまい
本当にすみませんでした。

私がもっとシッカリしなければ、ランディが元気になれるはずもなく
皆様の励ましのコメントを読ませていただきながら
ランディともども徐々にですが元気を取り戻しています。

IMG_2104_R 





















僕もこうして歩けるようになったよ!
皆さんご心配をおかけしてゴメンナサイ♪

まだいつも通りには動けないけれど
ご飯もママに食べさせてもらえるまでに回復してきているから
病院の時より元気になった気がしてるんだ!

全身纏っている包帯も、こうして毎日消毒して換えているので
今日はピンクの包帯でお洋服着ているみたいでしょう!?

エリザベスもママに買ってもらった自宅用のドーナツに
変えて貰ったので少し動きも楽になったし・・・

でもまだ手術部位を触られるのが嫌だから
毎日消毒して包帯服換えるママの手を甘噛みすることもあるんだよ。


ランディがそんなこと言っているようで、
私も泣いてばかりはいられないなぁとつくづく思いながら
毎日彼と過ごしています!

検査結果が出るまでもうしばらく掛かるようだけど
既に始めている治療に沿った投薬を自宅で管理しながら
ランディと二人でこの病を乗り越えようと思います。

また泣き言を言ったりしたら、皆さんコメントで私を叱ってくださいね!
絶対に乗り越えていきますから。。。



nasubi83 at 13:07|PermalinkComments(8)TrackBack(0)ランディ 

2010年10月09日

試練

IMG_2085_R

術後経過観察中のランディです・・・

IMG_2086_R

浮かない顔をしています。。
麻酔から覚めて、一日は点滴していたのですが
ストレスからか、ルートを噛んでしまい自己抜去。。

人間の患者さんにもこうした行為をする方はいるので
あまり気にはならなかったのですが
ストレス過多では予後にも影響するので
獣医さんと話し合って、安定した段階で退院を決めました。

IMG_2097_R

やはり自分のベットが落ち着くのでしょう。。
久しぶりに帰宅できて、やっと二人の時間がもてました。

でも帰宅と同時に始まるママの看護体制もちょっと大変!
おかげでランディの看護記録ノートもドンドン厚さを増しています。

点滴で補うはずだったお薬も、今は経口薬としてママが管理し
食事や消化管の動きなどを確認しながら服薬しています。

徐々に安定はしてきているので、お留守番も何とかできるのですが
仕事をしていても心配は尽きず、終業と同時に帰宅させてもらい
大学の業務は自宅でこなしている日々です。


IMG_2101_R

まだエリザベスを外せませんし、お洋服のように見えるのも
獣医さんが処方した手術幹部の保護服なんですよ!


試験開腹を受けて、胃や小腸の数か所を切除して
病理検査に出しているのでその結果が心配ですし
骨髄穿刺という血液を作る機能の働きを見る検査もしました。

それ以外にも感染症が重度だったために尿や便まで培養に出して
体全体の検査をしている状態です。

この小さな体のランディが、あちこち痛い思いをしながらも
何とか頑張ってくれているのを見ているだけで
私はたまらず毎日泣いてしまっています。

私がこれではいけないのですが・・・

生後間もなく母犬の育児放棄で、
母乳の味も知らずに兄弟犬とも遊ぶ時間も持てなくて、
ブリーダーさんもこの子の将来を案じられて
その前に御縁のあった私を思い出してくださり
声をかけてもらった経緯から始まったラインディとの生活。。。

生まれながらに母の愛情を受けられず
やっと私との生活が当たり前になったかなぁと思ったころに
身体を何か所も切り刻んで検査を受けなくればならないなんて。。

試練というには余りに辛い思いをさせてしまいました。

ランディは本当に私の所へ来たのが幸せだったのでしょうか?
そんな弱音が口をつくことが時々あります。。

病の根本はまだ分かりませんが、
絶対にまた一緒にお散歩へ行ったり、カフェでお茶したり・・・
そういう時間を持てるようになる為にも
私が泣いていてはいけませんね。








nasubi83 at 15:18|PermalinkComments(14)TrackBack(0)ランディ 

2010年10月05日

頑張ってよ ランディ!

P1000002
































ここはどこかなぁ!?
そう言って辺りを見回しているランディです(笑)

もう随分長いことお世話になっている病院の中を
この日は獣医さんに抱かれてお散歩していました。。。


すっかり甘えん坊さんになってしまって
これでは退院してからが心配になっちゃうほどですよ。。

でも早く退院できるといいのですけれどね!

P1000005





































ランディお気に入りの優しい動物看護士さん!

動物病院のユニホームはカラフルで良いですねェ!!
P1000006
































私よりすっかり獣医さんになついてしまったので
面会時間が終わるまでズット抱っこされっぱなし・・・

でもこの辺でベットに戻らないと疲れちゃうからね!
また明日会いに来るから、いい子で待っていてね。。

本当は面会時間は動物病院の診療時間以内なのですが
この日は私の講義が延びた上に渋滞にもはまってしまったので
病院に着いたのが閉院20分過ぎ。。

今日は会えないかなと思ったけれど
既に勤務を終えて着替え終わっていた先輩が私の到着まで
ランディを抱っこしながら院内散歩をして待っていてくれました。


検査結果もあまり芳しくないので
明日には試験開腹をすることになり、術前に一度会いたいと
先輩に無理を言って少しだけ面会時間を作っていただきました。

あとは何とかランディが頑張ってくれることを祈るばかり・・・

明日のオペで原因を究明できれば対処も可能なのですけれど
早くまた一緒にお散歩できるようになれるといいのですが。。。



nasubi83 at 01:07|PermalinkComments(10)TrackBack(0)ランディ 

2010年09月30日

首都高

P1000030_R
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 










サイドガラスに映った回転計のメモリがアイドリング状態。。

ここはこの時間帯いつも渋滞しているレインボーブリッジ!
この日も殆ど動きません。。。

と、言っても運転しているのは私ではないので
携帯で写真撮っても危険性はないのですが。。。

P1000032_R 






















右には都心部と、今はその名声をスカイツリーに奪われそうな
333メートルの東京タワー。。
P1000033_R



















左にはお台場とフジテレビの社屋。
東京湾の水上には屋形船も一杯繰り出していますね!

P1000034_R

 





















ずっと渋滞している浜崎橋JCTまでトロトロ、ノロノロ。。。
夕暮れ時のこの位置からは、都心部の摩天楼越しに沈んでいく
綺麗な夕日が望めるのですが・・

この日はチョッとおそくなったので
既に夜のしじまが・・・


P1000036_R
































東京タワーを越える頃には
もうあたりは真っ暗になっていました。。。


ランディの面会に通う見慣れてしまった光景。。。
早く一緒にドライブに行けるようになるといいのですが・・






































nasubi83 at 20:22|PermalinkComments(4)TrackBack(0)
最新コメント
QRコード
QRコード