2006年07月05日

雨のちミサイル!?

深夜明けの朝は雨でした

昨日の予報では、今日の雨は午後からと言うことだったので
傘を持たずに来てしまったので、明け方から降出したのには
チョッとがっかり。。。

勤務事態は平穏に済んだので、寝不足以外はそれ程疲れも無く
早く帰って少し休もうって思ってたんですけど
帰ろうにも傘が無い

置き傘が有ったけど、この間同じスチュエーションでお友達に貸して
未だ返してもらってないのに気付いてマタマタがっかり。。。
仕方ないから売店で買って帰ろうとしたら
知り合いの技師さんが朝ごはん買いに来ていたので挨拶したら、
「朝ごはん付き合ってくれたら、車で送るよ」と。。。

まあおうちへ帰って一人で食べるのも寂しいから、
そのままファミレスのモーニングへ

カーラジオから流れてきたニュースを聞いて3回目のがっかり。。。

何なんでしょうね!?
最初はディスカバリーの打ち上げのニュースだとばかり思ってたけど
独立記念日に合せて発射するなんて。。。

「発射に失敗した」との閣僚からのコメントも出てたけど
「成功したようだ」との発表って出来ないでしょうし、後手に回った感じ。
成功したと認めると、アメリカなんかだと武力行使も視野に入ってくるでしょうから
実際にはどうなっているかも分かりませんよぉ。。

今後何事も無ければ良いのですが。。。

at 13:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然に 

2006年07月04日

がんばれぇ。。。

昨日の自殺企図の患者さんは、別居されてるご両親が
迎えに来られて、午前中に退院されました。

昨夜はお薬のせいもあって、『久しぶりに良く眠れた』そうで
今朝方私が行った時には、既に退院準備をされていました。
まもなくご両親が迎えに来られて、歩いて退院されました。

あとは、「今朝は期末試験だから病院へ挨拶に来れないけど
昨日はありがとうございました」とのメモをおじいさんに預けてくれていた
あのお嬢さんが、心から元気になってくれれば良いなぁと祈るばかりです。

帰り際に心療内科のカウンセラーさんの所へ、お嬢さんからのメモを見せに届けたら
「あの年齢で、この文章書いて試験受けに学校へ行けたのなら、
彼女は大丈夫じゃない!?」と言われたので、チョッと安心して帰って来ました

がんばれ彼女!  頑張ろう、私。。。

at 22:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)病棟 

2006年07月03日

自殺企図

休み明けのICUでは、予定手術の患者さん以外にも
交通外傷や突発入院の患者さんをお見受けすることも多いのです。
また何気に多いのが、自殺企図で搬送される患者さんです。

原因は色々でしょうが、休み明けの搬送が最近多く感じます。
内容も服用されているお薬の乱用(多飲等)や、リストカットなど
搬送されてきて処置が済むと、ご家族と一緒に帰宅される方も多いのですが
今日搬送された方はチョッと悩まされました。

患者さんご本人は勿論、発見して救急車を呼んだのが高校生のお嬢さんで
お嬢さんも可也のトラウマになってしまったようでした。
患者さん(40代女性・離婚後本人と子供2人の3人暮らし)は常用剤の多飲後
リストカットされたようで、傷は浅く出血も殆ど無かったので良かったのですが、
搬送時に錯乱状態で救外で処置後、安定するまで上がってきました。
ICUでは覚醒まで少し状態観察です。

ただお嬢さんのショックが大きく、お母さんの処置後
こう言うケースでは状況を確認する為、よく警察の尋問が入るのですが
ご自身の生年月日すら言えない状態。

Dr.の判断で直ぐ中止してもらい、カウンセラーの所へ直行!
そこまで一緒に行く間中、私の腕をギュッと握り締めていました。
震えて歩くのも大変な状態だけど、歩きながらもお母さんを心配されて
原因を色々考えようとしているのですが(警官に聞かれた事のようです)
自宅で最初に見た風景がフラッシュバックしたのか
突然泣き出して、私に「期末試験で午前中で学校が終わり、
友達とお昼を食べて帰る予定だったけど、胸騒ぎがして一人で先に帰宅した」事や
「お母さんが不倫していて、最近相手と別れた」事など話し出してくれました。

その辺の内容をカウンセラーに引継ぎ戻りましたが、
ベットで横になっているお母さんの状態チェックしながら
今後のお嬢さんのことが心配になりました。

at 22:53|PermalinkComments(1)TrackBack(0)病棟 

2006年07月02日

潮風の薫り

7月になったんですね
昨日はそんなことにも気付かずにボっとしてましたけど
それじゃいけないと思って、今日は気分転換に海までドライブに連れてって貰いました

久しぶりに海を見たけど、そこで初めて『ああ、夏の海なんだ』って気付きました。
あいにくの天気だったけど、午後から日も射してビーチには海の家もオープンしていて
春に見た景色とは、海の色が少し違ったような感じでした。
それに海沿いはどこへ行ってもスッゴイ人なんですもの。
ビーチ沿いの国道は、季節に係らず休日の夕方は渋滞してるけど
良く使う裏道までも今日は一杯で、渋滞抜けるのにいつもの3倍は掛かったかな
車内で聞いたMDは5枚になったもの。。。

そう言えば潮風の臭いが、いつもより強く感じたかな
でも何とかリフレッシュできましたから、明日は元気出してお仕事しなきゃね!

at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)デート 

2006年07月01日

チョッとツライです。。。

冬に肝硬変から肝がんへ移行していた50代の男性が入院していました。
その方が先月再入院されてきていましたが、昨日旅立たれました。

冬の退院時に私たちスタッフに「半年だけ、家族とユックリ過ごす時間を
持てそうですよ」と無理に作った笑顔で自宅に戻られたのを覚えています。
一時期昏睡状態で、透析などの治療も続けられていたのですが
本当に意思の強い方であり、ご家族なんだと印象でした。

その後も定期的に検査には来られていたようですが
先月ご家族と相談の上、再入院されてこられました。
最期を迎えられる場所をご自宅ではなく、病院を選ばれたのは
ご家族への精神的・肉体的負担を掛けたくないと言う思いからだったそうです。

夜遅い時間でしたけど、ご家族以外にもご友人など
多くの方に囲まれて、お別れをされていました。
先週は可也痛みを訴えられて、疼痛ケアを施していましたので
ご家族以外の面会は叶わなかったのが残念でした。

前回の入院が長くて、よく存じ上げてた患者さんとご家族だっただけに
勤務後、未だ院内にいらっしゃると伺ったので
お線香を手向けに行かせて貰ったのですが、
やはり辛かったです。

at 11:27|PermalinkComments(1)TrackBack(0)病棟 

2006年06月30日

ベランダのお花たち

今日は夕方からの勤務なので少しユックリ寝てようかなと思っていたら
昨日に引き続いての陽射しが差し込んできて起きてしまいました。

昨日のお天気で洗濯物は片付けて置いたので、
今日の陽射しはお布団干しに利用です

お布団干すのにベランダを片付けていたら、いくつかポットのお花が咲き誇っていました
この間書いたペチュニアはチョッと元気がなかったので
その周りのお花の写真を撮って見ました。




チョッと写真が扁平になっちゃったけど、今私のベランダで咲き誇っているお花たちです
蒸し蒸しした日が続いたので、すこし弱ってしまったかなって気がします。。。




     それではソロソロ出勤です  行ってきまぁす

at 14:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然に 

2006年06月29日

深夜明け

今朝の勤務はとりあえず平穏でした
通常のルーティン業務だけで、夜中にコールも殆ど無かったし
「今朝は体力余ってるんじゃない?」って
日勤さんに冷やかされながら、帰ってきました。

「そんなこと無いんですよぉ!
 深夜一回すると結構消耗するんですから。。。」

でも昨日は昼間に眠れたので、確かに多少体は楽です!!
なのでお昼から、リフレッシュにチョッとジムへ行ってきました
勿論バンバン鍛えるわけじゃないけど、軽く体を解す感じでね
いつものように軽めにマシンをやってから、プールで犬掻き!?


その後はジャグジーで寛いで
サウナに入って帰ってきました。

良いリフレッシュに成っているのですが、この時間帯に行くと
プールでよく知り合いにお会いするんですよね。。。
それがチョッと恥ずかしい

夕方帰ってきて、少し横になるだけの心算が
気付いたらこの時間
横になる前に、洗濯物取り込んでおいてヨカッタァ

at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然に 

2006年06月28日

蒸し暑い夜に

日勤・深夜は慣れてもキツイです。
体内時計は24時間でも、勤務感覚では8時間単位で回ってるので
結構辛いものが有りますよ

今朝は夜空が白み始める頃にDOAの搬送がありましたが
救外で蘇生、その後上がってきました。

なのに付き添いの方がどなたもいらっしゃらなくて
このまま一人じゃ惨過ぎるなぁと、みんなで心配してましたけど
(身元や連絡先の確認は下で行っていたんで連絡待ちでした)
30分ほどで奥様が駆けつけられ、とりあえず一安心!

深夜遅くまでお仲間数人で飲んでいて、皆が帰るときに
「家内に迎えを頼んだので先に帰って良いよ」と
お一人でその居酒屋に残ったそうなのですが、
奥様が迎えに来る前に倒れられたようでした。

店員さんが気付いて119され、救急搬送されたのですが
奥様が居酒屋に着いた時は、既に搬送後で店員さんにどこへ
運ばれたか聞いても、皆動揺されてて病院名を確かめなかったらしく
奥様が駆けつけられるのに、時間が掛かったそうでした。

蘇生されたから良かったけれど、もし・・・・。
そんな事になったら、奥様も悔やみきれないでしょうしね

でもこう言ったケースは稀にあるんですよ。。。
レスピレーターつけさせて貰って、何とかご家族がいらっしゃるまで。。。
最期のお別れの時間を大切にして頂ければいいのですが
間に合わないことも無い訳ではないですし。

朝になって引継ぎを終え、着替えに更衣室へ行く途中の廊下から
久しぶりにお日様がハッキリと見えました
そう言えば日勤に入ってきた人が「昨日は蒸し暑くて寝れなかった」って
言っていたのを思い出しました。

at 18:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)病棟 

2006年06月27日

梅雨真っ盛り

梅雨の真っ盛りって言うのかなぁ。。。
と、自分で書いてから不思議に思いつつ

まあいずれにしても梅雨の真っ只中でね!
この30年ほどの統計で梅雨の期間が
地域によって23日長くなったそうです

でも大地にとっては大切な降雨なのですよね!
おかげでうちのベランダガーデニングのお花たちに水遣りしなくても
元気に芽を出しています

今はカスミソウの白い花が咲き出しています。
もう少ししたら、バーベナやペチュニアが咲き誇るんですよ
今はどんどん芽を出して、気の早い何輪かのお花が咲き出しています!

そうやってお花のことを考えれば、梅雨もそれなりに楽しいですよね

でもヤッパ通勤時に雨の降ってるのは困り者なんですよねぇ。。。。
うん、今日はさっき帰ってきたと思ったら又深夜からの勤務です!
夜中の出勤時ぐらい止んでてくれないかな

at 18:33|PermalinkComments(1)TrackBack(0)徒然に 

2006年06月26日

学会出席

日曜日の早朝に電車に乗るのは久しぶりでした
通勤ラッシュと違って、トレッキングスタイルの中高年のご夫婦や
釣竿を抱えた小学生ぐらいの男の子とお父さんかな!?
そんな感じのチョッと穏やかな雰囲気の車内でした
平日の通勤ラッシュ時間の車内は、同じ時間帯でも
車内はギスギスしてる感じですものね

本当は聞きたいシンポジウムに合わせて、お昼頃に行く心算だったけど別の先輩からが届いていて、急遽午前中のパネルディスカッションのパネラーとして出席することになったから、朝から資料整理手伝ってとの事

準夜明けで眠かったけど、朝早くからガンバってお手伝いしてきました
パネルディスカッションのテーマは決まっているので、
臨床での実践状態や現場の声を元にディスカスするのですが、
裏打ちされたデータも重要になるので、その辺の資料作りと整理を
お手伝いしたのですが、かなり良い勉強になりました。

お昼からはお目当てのシンポに出席して、その後友人の発表を聞いてきました。
指導教授の下初めての発表だったのですけど、研究開始からここまで1年掛かってるそうです。
閉会後久しぶりに懐かしい顔が揃ったので、「お疲れさん会」として少し
お友達にも会えたし、私には有意義な学会でした。

さて、明日からここで得た情報を元に臨床へフィードバックしなくちゃです
でも、寝不足で飲んだのでチョッとシンドイよぉ
明日は日勤だと言うのに大丈夫かなぁ。。。 早く寝よっと

at 23:35|PermalinkComments(1)TrackBack(0)病棟 
最新コメント
QRコード
QRコード