2008年11月02日

ハロウィン

10月末日はハロウィンですね!
皆さんのお宅でも何かイベントされましたでしょうか!?

f93c8eb8.jpg


病院ではクリスマスに次ぐぐらいのイベントの日でも有ります。

長期での入院患者さんが多くない病院とは言え
数週間でも入院されていると、曜日や日付の感覚さえ無くなり
日々の検査や治療に流されて、それがストレスになってしまう
そういった患者さんも少なくありません。

しかもそれが小さなお子さんだったりすると
お友達が学校や幼稚園に行っている日に、
自分だけが病院で毎日悶々と過ごさなくてはならず
悲しい思いをする子もいらっしゃいます。

それが治療効果へマイナスになることもあるんですよ。

ですからなるべくこういったイベント事を多く取り入れ
患者さん達にもリフレッシュして頂こうと
毎年スタッフの有志が募って、夕飯後の時間にロビーなどで
患者さんも交えての仮装行列などのパーティを開きます。

今年も患者さんを初め、ご家族や既に退院された元患者さん
それにスタッフのお子さん達も参加されて盛況でしたよ。

患者さんのお父様と元患者さん、それにDr.の有志3人で
即席バンドを作ってビートルズやカーペンターズなど
オールディーズナンバーを演奏してくれたり
ディズニーの「星に願いを」を演奏してくださった時には
参加していたみんなでチョッとしたダンスパーティになりました。

ご主人が点滴を打ちながら奥さんと抱き合ってダンスしたり
スタッフが車椅子のおばあさんの手をとってリズムを取ったり
小児科の子供たちはスタッフと一緒にフォークダンスみたいに
この時ばかりは皆さん晴れやかな笑顔を見せてくれましたよ。

私はストレッチャーのまま病棟から見に来てくれた患者さんと
手を握りながら一緒にハミングしたりして楽しみました!

さて今年の私の衣装ですが・・・
去年他のスタッフが着たマイクロミニのセクシー白衣ですショック

この衣装は何となくハロインパーティ実行委員の誰かが
毎年着る事になっているらしく、恒例衣装なのですが・・・

他には何故かプーさんの着ぐるみを着て来た教授がいたり
ティンカーベルのような可愛らしい羽根つきドレスの格好をした
小児科に入院されている6歳の女の子とそのお姉さんがいて
衣装はお母さんがご自身の気晴らしを込めて
毎日の面会後の数時間、私たちスタッフと一緒に
手縫いでお嬢さんたちへ作られたのですよ!
本当に可愛いかったぁ。

こうやって患者さんのみならず、そのご家族の息詰まる日常も
このパーティで少しはやわらげる事ができたようでした。


本当はその時のお写真をアップしたい所ですが
パーティが終わった夜中からの勤務だったので
カメラを持っていかずに写真は撮っていないんです(^_^;)

写メで撮った受け付けのカボチャだけしかお見せできませんが
と言うより、私の仮装は目の毒ですし・・・。


次回はクリスマスのパーティですが
その時には今回参加された患者さんは皆さん退院されて
元気にご家庭でケーキやパーティを楽しんで欲しいですね!









at 01:02│Comments(12)TrackBack(0)イベント 

トラックバックURL

この記事へのコメント

12. Posted by なすび   2008年11月05日 14:08
ばあばさん、こんにちわ。
2ヶ月ほど掛けて準備に取り掛かったのですが
患者さん本人以外にも、その後家族には大変好評で
面会の後の僅かな時間でも、私たちと一緒に
飾り付けの準備をしたり、お子さんたちへのプレゼントにと
趣味の手芸などを実践されてる方や
いつの間にかハロウィンより、自分たちの昔取った何とかで(^-^) お父さんたちのバンド練習が華やかになったりと
皆さんにもいいリフレッシュの場になったようでした。
私の衣装は殆ど動けない程のみにだったんですよ(^_^;)
ですからお友達と撮った写真もぎこちなく固まったままで
とてもアップできるようなものではあらませんでしたぁ。。
11. Posted by なすび   2008年11月05日 14:00
アキラさん、こんにちわ。
パーティは病院主催ではなく、
スタッフによるボランティなので
全くの手作りなんですよ(^_^;)
なのでそのお手伝いをして下さる元患者さんや
入院中の患者さんやそのご家族にもお声を掛けて
非日常の入院生活を、多少なりとも楽しい思い出作りに
役立てられればと思って始まった企画ですが
既に恒例行事になってしまいました。
お手伝いされながら、回復に繋がる精神的ストレスの解消や
リフレッシュにも役立ちますから今後も続ける事になるでしょう。
本当はリコーダー少年のお母さんにもお声を掛けたのですが
可也精神的に苦しまれていてチョッと状況が許しませんでした。
お子さんの回復は今までのように一進一退の牛歩状態ですが
先ずはお母さんの回復がなされないと心配なほどです。
10. Posted by なすび   2008年11月05日 13:54
大野さん、こんにちわ。
そうですね!
去年もこうして書いた記憶が蘇って来ました。
勿論その時の患者さんは、今回参加されていませんが
退院された元患者さんがボランティアで
パーティを影ながらアシストしてくれたり
みんなで作ったパーティでしたよ(^-^)
次はクリスマスですけれど
その時にもまた「元・患者」さんとして
お手伝いしてくれるほどに回復されるといいですよね!
9. Posted by なすび   2008年11月05日 13:50
wiredさん、こんにちわ。
入院するってだけでストレスになる方は一杯いますし
その後家族もまた非日常に翻弄されます。
だから少しでもその非日常を楽しいものにして貰えれば
回復への一助になるかと考えて毎年こうしてやってます。
でも仮装って言うのは。。。
来年はあれは着れません!
8. Posted by なすび   2008年11月05日 13:48
ばーびーちゃん、こんにちわ。
画像はお目に留めるようなもでもなく。。。
だって着るには着たけれど、
動けないほどのミニなんですよ(^_^;)
ランディが居てくれることで随分生活が変わりましたよ。
家に戻るのがこんなに楽しいなんて・・・
7. Posted by なすび   2008年11月05日 13:43
ニコニコおかみさん、こんにちわ。
病院は非日常の世界ですから
その中でいかに精神的にも回復に繋げられるか
そういった趣旨から始まった企画ですが
今では恒例行事になってしまったようです。
私の衣装も、仮装と言う点と場を盛り上げるためと言う
そんな感じで誰かが最初に着たようです(^_^;)
まさか自分で着るとは思いませんでした。。。
6. Posted by Happyばあば   2008年11月05日 09:40
私たちの世代にはハロウィンは馴染みがありませんが、
最近はすっかり定着していますね。
楽しいイベントはいくつもあっていいんじゃないでしょうか?
当日だけではなく、準備する段階から、また心待ちにしている時からすでにお楽しみは始まってますものね。
それぞれ楽しんでいらっしゃる様子が手に取るように伝わります。
来年はお家で楽しんでもらいたいですね。
それにしてなすびさんのセクシー白衣!!
私も見たかったです??
5. Posted by shinobueakira   2008年11月05日 00:46
病院のビートルズ(親父バンド?)いいですね!
患者のお父さんも参加されているそうで、少しの間だけでも病気の事を忘れて、楽しまれて良かったですね!
なすびちゃんのミニ姿もきっとDrや患者さんのお父さん達にはうけたかもしれませんね??
病院でも患者さん同士が一緒にハロウィンを楽しめると言う事に温かみを感じます。
リコーダー少年の笛の音が聞ける日が早く来るといいですね。
4. Posted by 愛媛の大野です。   2008年11月04日 22:17
たしか昨年もこの時期に
イベントの事を書かれた日がありましたね
ふと時の流れを思いました(その前年も?)
毎日入院生活を送っている方達にとって
こういった暖かな心遣いがどれほど救われることか。
そして最後に「次回は自宅で」という言葉が複雑な心境ながら、そうなんだよな?って思いました
その一言が特になすびさんらしいな?って思います(たしか昨年も)
3. Posted by wired   2008年11月03日 22:19
楽しいパーティだったみたいですね
なすびさんの衣装見てみたかったです
{笑顔}
以前、一ヶ月ほど入院した時は
毎日、点滴でめいってました・・
何もする気がなくなるんですよね・・
長期に入院されている方の事を思うと
気持ちが和んだ事と思います
しかし・・残念
2. Posted by ばーびーちゃん   2008年11月03日 20:24
あれあれ?!
画像はないのですか(笑)
ホテルはあちこちにもうツリーが
飾られててすっかりクリスマスで
なんだか焦ります(汗)
ハロウインパーテイもあってた
ようですよ。
↓サッパリして随分イケメン君に
なりましたね!
毎日帰るのが楽しいでしょ。
1. Posted by ニコニコおかみ   2008年11月02日 01:57
なすびさんの 病院はほんとうに温かいですね!やさしさがいっぱい!
こんなスタッフがいてくれる病院がいっぱい出来るといいのに!
なすびさんのセクシーなお姿ぜひぜひ見てみたかった!{ハート}
 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント
QRコード
QRコード