2008年11月10日

七五三

週末は日勤続きでした。
雨模様だったり、急に寒い日になったりで
日勤帯の搬送も少し増えたような気がします。

そんな中、ICUに入院する患者さんのお見舞いに
可愛らしい晴れ着姿のお嬢さんが二人やって来ました。

去年もこの時期、患者さんのお見舞いに来られたお子さんが
千歳飴を持っていたのを見て、「ああ七五三なんだ」って
思い出した気がします。

患者さんは先週搬送されてきた70代のおじいさん。
本当はお孫さんと一緒にお宮参りに行く予定が
有ったのかも知れません。

今はまだ呼吸器が付いたままで話も出来ない状況ですが
搬送後の処置が功を奏し、日々回復に向われています。

でもどんな処置やお薬より
このお孫さんの晴れ着姿のお見舞いが
一番の回復薬になるでしょう!

ICUなのでお子さんが入室するには制限がありますが
折角綺麗に着飾ってお見舞いに来られたので
急遽病院の廊下でご家族のお写真を撮って
ステーションのプリンターで印刷。

直ぐに患者さんのベットサイドに飾らせて貰いました。
デジタルカメラの利点ですね!

最初はおじいちゃんの容態を心配して
硬くなっていたお子さんでしたが少し話しているうちに緊張も解れ
私と一緒におじいちゃんへの応援メッセージも書いてもらいました。

写真に添えてお孫さんのメッセージを枕元に飾って来ましたが
千歳飴はまだもう暫く先になりそうですね。

でもこの応援メッセージで、きっと直ぐに回復されるでしょう。

余りに可愛かったのでチョッとだけ皆さんに
そのメッセージをお知らせしちゃいます。
本当はいけないんですけどね(^_^;)

「おじいちゃんはやく元気になってね。
 今日神社でおじいちゃんが早く良くなりますようにって
 お父さんとお母さんとお祈りしました。
 千歳飴食べないでおじいちゃんを待ってるから  
 クリスマスには元気になってプレゼント下さい。○○より」




at 15:22│Comments(2)TrackBack(0)イベント 

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by なすび   2008年11月11日 20:19
アキラさん、こんばんわ。
この時期はどこの神社でも晴れ着のお子さんを目にしますね。
週末が日勤でしたので、丁度お見舞いに来られた
可愛らしいお嬢さんを見かけ、時節の移り変わりを感じられました。
クリスマスには、おじいちゃんを囲んで
温かなパーティを開けるといいですね。
そうなって下さるようケアしていきたいと思います。
リコーダーの少年は、9歳だと思いますよ。
ただこの患者さん以上に、お母さんが心配な状況だと言う話を
友人から聞かされています。
クリスマスまでにお母さんも安定されると良いのですけれど。。。
1. Posted by sinobueakira   2008年11月11日 13:01
このお孫さんにはクリスマスのプレゼントはきっとお爺ちゃんサンタが大きなプレゼントを用意してくれるでしょうね?
先週太宰府に行った時、七五三で着飾った小さな子供達の姿を見かけましたが、若いお母さん、お父さん達も嬉しそうで幸せそうな姿は傍で見ていても仄々としますね。
リコーダー少年も7歳くらいかな?
博多のサンタさんから小さなプレゼントが届くと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント
QRコード
QRコード