2008年12月06日

その後。。。

皆さんにはご心配をいただきました。

このリコーダー少年の御両親、
とりわけお母様の病状を少しだけ記す事で
このご家庭が抱える問題を悟って貰えるかも知れないと思い
「その後」として、書かせていただきます。

先ずお母様の現状ですが
自傷後の入院から間も無く、脅迫性障害も顕著になり
病室から出れなくなっていました。

よくあるケースでは、誰かが自分お悪口を言っているとか
TVやエアコンから電磁波が出て
自分が解けてしまうのではとかなどと思い込むことが多く

酷いケースになると、誰かが私を狙っているなどと
深刻に思い込み外出も出来ずに、社会生活を送れない
そう言うケースも見られます。

このお母さんのケースは正に主治医と病棟看護師以外
御主人すら「信じられない対象」になってしまい
誰とも話をしない状況になっていらっしゃいました。

御主人の両親からの不用意な言葉が
それまで看病に費やしてきた9年の歳月を覆させ
先天性という病名を履き違えた責任追及を母親にし
ご自身の拠り所をなくされてしまっていました。

御主人の言葉すら深読みしてしまい
全てを信じられない状況から、自分を消し去りたいと
そう言う感情を抱かれたのかもしれません。

結果自傷に走り、それを見舞う舅・姑からの言葉も
お見舞いではなく「いやみ」に受け止めてしまう。。。

その悪循環から御主人との会話も拒絶されるようになり
コミュニケーションの崩壊。
既に家族としての信頼感がなくなり、
今後は奥様の実家近くの病院への転院し
暫く環境を変えての治療が必要と判断されました。

確かにうちの病院では
お子さんとの思い出も多すぎるでしょう。
お見舞いに通った病室の窓からの風景を見ながらでは
ご自身の回復にも繋がりにくいはずです。

Dr.の紹介もあり、
今週そちらの病院へと転院されていかれました。

お子様の長期入院、
そしてその看病に精一杯だったのでしょう。

結果はそう簡単に見えるものではないのに
回りからは不憫さを強調する言葉が聞こえ。。。

その言葉の矛先が自分に向けられているとの強迫観念。
やがて家族をも不信となり、全てを拒絶。

そうしてデススパイラルとへ落ちていくのは
そう時間のかかることでは有りません。

この後は焦る事無く、ゆっくり時間をかけて
ご自身の回復に努めていただければと願うばかりです。。


お子さんの病の影に、これもまた悲しい現実として
ご家族の問題も浮き彫りになってしまった現実でした。。


















at 17:21│Comments(8)TrackBack(0)リコーダー 

トラックバックURL

この記事へのコメント

8. Posted by なすび   2008年12月10日 16:42
ばあばさん、こんばんわ。
いつも優しいお言葉をありがとうございます。
この御家族には他のお子さんはいらっしゃいませんでした。
第一子の彼が産院からの紹介で精密検査を受け
そのまま入院生活が9年間続いた状況でした。
ですからお孫さんを待ち望んだ御両親からは
お母さんが気に病む言葉も出たのかも知れません。
このお子さんの入院のお世話も有った事からでしょうか
第二子の予定もなかったようでした。
もしかすると、その頃からお母さんは
徐々に心の影を積みまして来られたのかもしれません。
いずれにしても現実を受け止められるようになって
今を振り返れるようになれば、
また明るい糧に戻れるでしょう。
そうなるまで暫く長い目で御主人の愛情に
甘えられると言いのですけれど。。。
7. Posted by なすび   2008年12月10日 16:37
アキラさん、こんばんわ。
このお母さんの治療には長い目で焦らせず
じっくりと時間を掛けて当って欲しいと願います。
周りで焦らせず、ご自身のペースで治癒に繋がるよう
専門医とのコミュニケーションから
できるといいのですが。。
クリティカルケアの範疇は広範になります。
ですからこの患者さんも担当外とは区別されないので
症例や環境が重篤になればどの科からも
私へ連絡が入ります。
そう言う意味ではこの位で凹んでいる暇はないのですが
まだまだ私の弱さなのですね。。
この後に活かせるよう、この出会いを無駄にせず
糧としていこうと思うばかりです。
ご心配頂き本当にありがとうございました。
6. Posted by なすび   2008年12月10日 16:29
チャーミンさん、こんばんわ。
時折自分がクリティカルを選考したことを
恨むこともあります。
クリティカルの範疇が広い分だけ
自分の担当と言う垣根がなくなりますからね。
救命看護としていえばこう言う悲しみは
知らずに済んだかもと思う事もありますよ。
5. Posted by なすび   2008年12月10日 16:26
wiredさん、こんばんわ。
ありがとうございます。
お母さんの療養には少し時間が掛かるでしょうけれど
それも人生の一部と受け止められるように
いつか今を振り返って、お子さんとの楽しかった時間を
笑顔で思い出していただけたらと思います。
強くなるのは難しいけれど
無理に強くなることも無いでしょうね。
一人じゃないと思えればそれが力になるはずですし。。
4. Posted by Happyばあば   2008年12月10日 07:42
脅迫障害という言葉を初めて聞きました。
人の心はもろいものですから、ほんのちょっとしたことで傷つき折れるものです。
ありきたりの優しさだけではどうにもならないこともたくさんあるんですね。
難しいものです。
お母さんはじめお父さんも立ち直っていただきたいですね。
少年のほかに兄弟はいらっしゃったんでしょうか?
もしそうなら早くもとの家族に戻れるようお祈りしたいです。
なすびさんも毎日厳しい現実の中でご自分が倒れないようじゅうぶんご自愛くださいね。
3. Posted by shinobueakira   2008年12月07日 21:57
少年のお母さんは今、本当に真っ暗な闇の中に突き落とされてる感覚だと思います。
本来、一番の味方、理解者であって貰いたい身内からの、辛い言葉は彼女の心に重くのしかかったのでしょう。
実家がどちらかわかりませんが、自然が豊かな所であればいいのですが、実家に帰られて、環境を変えて、立ち直られる事を祈るばかりです。
実家のご家族が暖かく、彼女を見守ってくれ、徐々に心を開いてくれる様になって貰いたいですね。
なすびちゃん!本当にお疲れ様でした。
実際に現場で、少年家族のコミュニケーションが崩壊するのを目の当たりにすると辛いでしょうね。
でも、ランディ君がいてくれて、良かったです。
人間の能力には限界があるでしょうし、今なすびちゃんは最大限以上のお仕事をなさっていると思います。
医療現場の厳しさを痛感しました。
年末になって、益々忙しくなるようですから、体に気をつけてくださいね!!
2. Posted by チャーミン   2008年12月07日 01:02
うちにも精神科が有りますが、そこでも脅迫障害の患者さんが入院されています。
このお母さんのように家族すら信じられない人も多く
病室からも出られない患者さんも多いんですよね。
一人で引きこもってしまい回復に繋がらない。
このお母さんは原因がハッキリしているのだから
早期回復を望みたいですね。
なすびさんはいつも大変な患者さんを最期までケアしてくださいますね。
看護師として頭が下がります。
クリティカルケアの専門家とは言え
無理のし過ぎはダメですよ!
1. Posted by wired   2008年12月06日 23:30
リコーダーの少年とお母さんの
話を読むたびに、人間て弱いなと思います
誰も何もしてあげれない悲しみを覚えます
なすびさんがそばにいて何もしてあげられない、もどかしさを感じます
なぜ、どおして、どうすれば、と言う言葉が、頭でがぐるぐると・・
お母さんが療養され元気になられることを
祈っております

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント
QRコード
QRコード