2009年03月22日

なごり雪を待ち望みながら。。

汽車を待つ君の横で僕は
時計を気にしてる
季節外れの雪が降ってる♪

この歌詞に深い思い入れを持った患者さん。
50代男性、急性心筋梗塞。

一人暮らしのご自宅で胸の痛みを訴え
ご自身で119要請、電話口では住所を伝えるのがヤットで
救急隊が現着した時には既に応答できる状態ではなく
アパートの隣人が管理人さんに連絡して、
玄関の鍵を外から開けての救出だったそうです。

搬送時心配停止のDOA状態。
蘇生から初療へと一気にスタッフが群がるように
患者さんの回復へと勤めました。

そして心拍も再開、呼吸も安定に戻り一息。
そのまま経過観察のため入院する事になるのですが。。。

管理人さんからの知らせを受けたご兄弟が
こちらに駆け込んで来て少しお話が出来ました。


患者さんは数年前に奥様を亡くされ
今は一人で暮らすサラリーマン。
お子さんもいらっしゃらなかったという事で
パートナーロスシンドロームのように
その落ち込みようは痛々しいほどだったようです。


奥様が亡くなったのが春を迎えた後の寒い雪の日。
元々高血圧の持病があったそうで
寒暖の急激な変化に体調を崩し朝方トイレに立ったまま
そこで倒れられたそうでした。
脳動脈瘤破裂で病院に搬送された時には
既に手の施しようがなかったそうです。

それ以来塞ぎがちになり、
周囲にも早く奥様の元へ行きたいと洩らす程だったそうです。

そして自分もなごり雪の降る頃に
奥様が旅立った汽車に乗って、もう一度彼の地で再会したい
その時が早く来て欲しいと弟さんにも話していたそうです。
そして時折あの名曲を口ずさんでいたという事です。


今年の冬は暖冬でこちらでも既に桜が咲きました。
来週から又少し寒の戻りが有るようですが
それでも季節は間違いなく春へと向かっています。

この患者さんがメンタルでも元気になられるまでは
「なごり雪」は降らないで欲しいと祈るばかりです。











at 01:43│Comments(12)TrackBack(0)素敵な出会い 

トラックバックURL

この記事へのコメント

12. Posted by なすび   2009年03月27日 12:24
mokoさん、こんにちわ。
それぞれの人生・ご夫婦・家庭etc...
その方々の行き方もあれば価値観もあるんですもの
きっとこの患者さんは、奥様との日々を全うされ
その素晴らしい日々の重さに今は少し押しつぶされて
しまっているのかも知れないですね。
どんな人生であっても、今を生きてらっしゃるのですから
その時間を味わえるのはその人だけですよね。
そしてその時間を味わえず先立たれた方を思うのなら
奥様の分までをも、今をそして前を向いて
日々を大切に味わっていただきたいと思います。
決して後ろを向いては得るものは無い気がします。
ランディ眠そうでしょう!?
この所春の暖かさに和んで
いつもこんな顔してウトウトしてますよ(^_^;)
11. Posted by なすび   2009年03月27日 12:17
徒然さん、こんにちわ。
徒然さんがどれほど悩んでいたかも
少しは感じ取っている心算でいますから
その心の揺れ動きも多少なりとも理解できる気がしていますよ。
そしてコウセイ君の出産までのご心労や不安も乗り越えられ
今を迎えてらっしゃる事も、そばで聞いていても
私まで嬉しさで一杯になります!
この患者さんもこの方なりの価値観で奥様との時間を過ごされ
その時間が素晴らしい思い出だったからこそ
その重みに苦慮されているのかも知れないですね。
でもきっと前を向いて歩き出してくださる
それが奥様へのプレゼントでもあるのですものね!
そう信じて回復されるようケアに努めます。
10. Posted by なすび   2009年03月27日 12:11
ばーびーちゃん、こんにちわ。
本当にお子さんがいるかどうかでも
この方の人生は違ったのでしょうね。
でもそれもまたこの方の人生ですもの
きっとそれを受け入れて前を向いてくださると
そう信じてケアに当たっていますよ(^-^)
ランディは春になって眠そうな顔ばかりしています(^_^;)
9. Posted by なすび   2009年03月27日 12:09
アキラさん、こんにちわ。
我慢する事はない。
そのとおりですね!
そして今生きている、その喜びを味わって欲しい。
そう願うばかりです。
教えていただいた2曲はチョッと存じ上げなかったので
ネットで調べてみました。
歌詞も素敵なものですね。
時間を掛けてでも立ち直っていただける日が
早く来るといいなぁと願っています。
8. Posted by なすび   2009年03月27日 12:05
wiredさん、こんにちわ。
長年の月日をご一緒に、しかもお二人の時間の多かった
そんな暮らしをある日突然崩されたら
恐らく私もこの患者さんと同じような思いになる気がします。
悲しさを、楽しい思い出として受け止めていただけるよう
これからもサポートしていきますね!
7. Posted by なすび   2009年03月27日 12:02
ばあばさん、こんにちわ。
美しいものに目を向けられる心のゆとりを
もう一度持っていただけるように
これからも私たちがケアして行かなければいけませんね。
だってこの患者さんには、そのゆとりを思い出させられる
大事な奥様がそばにはいらっしゃらないのですものね。
映画の舞台は臼杵だったのですね!
そう言えば作曲者の方は大分の人ですものね。
暖かなイメージの九州でのなごり雪は、
多分こちらよりも思い入れの多い素敵なものなのでしょう。
6. Posted by moko   2009年03月25日 16:23
この先の自分達に夫婦に置き換えて
読んでいました・・・
私達夫婦にも子供がいないので
どうなるんだろう???と・・・
なごり雪・・・降らないでほしいですね?
↓ガーデニング素敵ですね?
ランディ君も可愛いです☆彡
次回はランディ君のUPなお顔見たいです{ドキドキ小}
5. Posted by 徒然   2009年03月25日 00:05
子供っていう存在は物凄く大きいです。
私達夫婦も生涯2人っきりだろうと思っていたので、どっちかが亡くなったらどうなるんだろうって子供が居ない時には真剣に思っていました。勿論、今だって思いますよ。。。
でも、子供が産まれてからは寂しいだろうけど少しは心が癒える時間も早いんだろうなって思えます。
こんな寂しい気持ちで「なごり雪」を聞いてる方がいらっしゃるなんて。。。
4. Posted by ばーびーちゃん   2009年03月24日 19:54
そーですね・・・
子供がいるのといないのとでは
人生も大きく変わるでしょーね。
友達にも子供のいないご夫婦がいて
「うちは子供がいないので・・・」
が、口癖のようです。
自分の体調が悪い時とか
余計そう思うみたいですね。
↓ランデイ君の眠そうなお顔が
めっちゃ可愛いです!
3. Posted by sinobueakira   2009年03月23日 00:09
団塊世代にとって、フォークソングは青春そのものなんですよ!
特にこのイルカが歌った『なごり雪』は我々の世代で知らない人は居ないでしょうね。
最愛の奥様を亡くし、子供もいないこの男性にとって、せめてもの慰めが『なごり雪』だったのかもしれませんね。
きっと奥様との青春時代の美しい思い出の曲なんでしょう・・・
メンタル面での立ち直りには少し時間がかかると思いますが、フォークソングの好きな人ですから、ブロードサイドフォーの『若者達』を思い出して貰いたいですね!
空に又、陽が昇る時、若者は又、歩き始める♪
そして、その方の仲間たちと一緒に
岡林信康の『友よ』を歌ってもらいたいです。
夜明けは近い?♪
鬱病と闘った団塊世代の男として、他人事とは思えないです!
我慢しないで、男だって泣きたい時は泣けば善い!
思いっきり、大声で奥さんの名前を叫べばいいんですよ!周囲を気にする必要はないですよ!!
2. Posted by wired   2009年03月22日 22:55
長年連れ添った妻に先立たれると
辛いな
子供が居ないとなおさら
夫婦の関係てどんなだったんだろう
なごり雪をまって・・と言うほどだから
寂しさはきっと時間が解決してくれると思うので
新しい生きる力を見つけて欲しいです
1. Posted by Happyばあば   2009年03月22日 19:55
なごり雪は大好きな歌です。
映画も見て、舞台になった大分県の臼杵市も訪れました。
旅立つ汽車の先には希望があってほしいのですが、
こんなさびしい思いつめた気持ちでこの歌を聞いてる方もいらっしゃるなんて・・
なごり雪は降らないでほしいですね。
どうかもう一度お元気になって、桜や空や美しいものをたくさん見て勇気をもらっていただきたいです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント
QRコード
QRコード