2009年04月10日

命のリレーからバトンを受けられたようです

ここの所新人スタッフの配属があったり
来週には始まる学部生の講義の準備に追われたりと
ブログ更新が中々出来ずに困りました。。。

それでも桜が満開になったり
春の装いにウキウキしたりしています。


そしてこの間は、思いも掛けない訪問を受け
その力強さに元気を頂いた気がします!

覚えている方もいらっしゃるでしょうか!?
昨年の冬の日勤帯の出来事でした。

お父様から生まれたばかりのお子さんへの
命のリレー・・・その日のブログです!

その日奥様が出産の為入院されていた病院とのやり取りだけで
実際には奥様にお会いする事もなく、
一人旅立つご主人をお送りした辛い勤務でした。


メンタルケアを要する奥様の病状も気になりましたが
その奥様が先日御礼にと
私たちの所へお越し下さいました。

あの日ご主人から命のバトンを渡された
小さな小さな男の子もご一緒に!



奥様のお話では、出産後もご主人が中々来てくれず
自分もパニック障害を発症していたので
余り状況を覚えていないそうですが
退院の話が出た頃からカウンセラーなどの面会が増え
それまでご主人は「急な出張」と聞かされていたのが
家族を交えて真実を打ち明けられたそうです。

その後暫く「失意のどん底を這い回った」そうです。
それでも気になったのが生まれたばかりのお子さんの事。
授乳などを自分がしなきゃという母性が
生活面にまで幸いし、ご両親のサポートもあって
徐々にメンタルケアの必要も薄れたそうです。

そして一周忌を終え、春を迎えた事で
ご主人が最期を迎えた場所を自分の目で見て
その際に携わったスタッフへ御礼を言いたいと思われ
ご両親とお子さんの4人でご挨拶に来て下さったのでした。

お子さんは既に一人歩きも出来るように成長され
奥様のお顔には終始笑顔がありました。

そしてお父さんが旅立ったその時刻に
この世へ生を受けたお子さんにその事を語り聞かせながら
ご自身に言い聞かせるかのように
「パパの分まで○○ちゃんが元気で生きていかなきゃね」って
語りかけていたのを見て
もうメンタルケアはそれ程心配要らないなと感じました。

この赤ちゃんも、そしてお母さんも
シッカリとお父さんからの命のバトンを
受け取られたようですね(^-^)

早いものであれから一年チョッとが経ち
お子さんの成長を見る事でその月日を思い出しても
今はこの子の為にも泣いていられないと
力強さをみなぎらせていらっしゃいました。

自分はメンタルのケアがあるので
カウンセラーさんに何でも話せるから
今は本当に楽になったと明るい表情で仰られました。

病気になったのは残念だけど、病気とうまく付き合う
その方法を身に付けた事で前向きに考えられるようになった
そう仰ってくださった時は本当に穏やかなお顔でしたよ。

余り一生懸命になりすぎず
お子さんと一緒に心にゆとりを持ちながら
ご主人の分まで楽しい日々を送ってくださいね!

そう言ってお別れしました(^-^)





















at 00:41│Comments(14)TrackBack(0)命のリレー 

トラックバックURL

この記事へのコメント

14. Posted by なすび   2009年04月18日 02:14
Toshiyanさん、こんばんは。
お久しぶりです。
大腸検診、無事修了されたようで何よりですね!
人はやはり健康が一番の宝物かも知れません。
この方のように、バトンの重さ同様に
健康の大切さも身をもって体現されていらっしゃるでしょうし。。。
元気でいられることは、その人のみではなく
周りの方々へも笑顔を差し上げられる事になるのですものね!
13. Posted by なすび   2009年04月18日 02:10
ニコニコおかみさん、こんばんは。
間違いなくこのお子さんが、
お父さんの分までお母さんを大切にしてくれる事でしょうね!
そしてお父さんはきっと傍で見守っていてくれるでしょう。
これからもその時々にいくつもの山を迎えるでしょうが
それも一つ一つマイペースで乗り越えて行ってくれるはず。。。
そんな力強さを感じられる奥様とご家族でしたよ(^-^)
12. Posted by なすび   2009年04月18日 02:06
Wiredさん、こんばんは。
あの冬の日の情景を思い出すだけで
この奥様とお子さんの辛さがこちらまで見に染む想いでしたが
こうして実際にお会いできると、
そのバイタリティにこちらのチッポケさを思い知らされます。
そしてここまで頑張られた奥様のマインドチェンジに
これからの幸多からん事を確信できる気がしました。
無理だけされず、お子さんとの時間を大切に
前を向いて生きていって欲しいと、お見送りしました。
11. Posted by なすび   2009年04月18日 02:04
徒然さん、こんばんは。
本当に母は強ですね!
でもそれは周りが見て感じる言葉です。
私から見ていると、
徒然さんは既に「強く暖かな母」になってらっしゃいますよ!
そうさせてくれるご主人やご家族
それにネーロ君の愛情もあるのでしょうし
なによりコウセイ君を暖かく見守る
「母の眼」で日々接してらっしゃるからでしょうね。
この一年、徒然さんも人生で最大級の変容を
遂げたのかも知れないですね!
前向きに、力強く・・・。
羨ましいほどですよ(^-^)
10. Posted by なすび   2009年04月18日 02:01
ばあばさん、こんばんは。
奥様のこの一年の過ごされ方は
あの日電話口で病状報告だけを受けた私には計り知れません。
かなりの葛藤と無情を繰り返され、
その中からもご自身の道を見出され
お子さんとの日々を第一に感じられてこられた証だと思います。
これほど強い生き方を医療ではサポートできません。
すべてこの奥様の、そしてご家族・友人の方々の
暖かな愛情でしょう。
きっとこれからの生活も逞しく
笑顔を絶やさないで送られるでしょうね。
私も少しでもこの奥様の力強さに近づければ
良いなぁと思います。
まずはランディとの時間を大切に、心のゆとりを持てるよう
毎日を明るく過ごそうと思います。
9. Posted by なすび   2009年04月18日 01:58
mokoさん、こんばんは。
mokoさんも間違いなくおじい様に見守られているのですよ!
お母様もきっとmokoさんがこの世へ生を受けるべくして
「奇跡」を起こされたのかもしれませんね。
だからmokoさんは「奇跡」を生まれながらにして
持っていらっしゃるはず!
医者が「無理」といってもそれを乗り越えられるのは
患者さんがそのパワーを発揮されるからですもの。
すべてを前向きで受け止め、今を乗り切っていきましょうね!
一人ではないと思えると
力は二倍にも三倍にもなるはずですよ(^-^)
8. Posted by なすび   2009年04月18日 01:54
アキラさん、こんばんわ。
普段救命の現場では、余りこうした訪問を受ける事はなく
たまにこうして訪れてくださる方がいらっしゃると
心からホッとできますね。
しかもこの患者さんのように、
救命できなかった患者さんのご家族が
ワザワザお越し下さるのは本当にありがたいことです。
あの日カルテに記載された死亡時刻を見て
愕然としたのがついこの間のような気がします。
そして未だ見ぬ奥様と、その日この世に生を受けたお子さんの
これからを案じたのを思い出しました。
でもこうして実際にお会いすると
そのパワーにこちらがお力を頂き
前向きなバイタリティに圧倒されるかのようでした。
今後もきっとどこかで応援しているご主人の分まで
ご家族が一つにまとまって生きていかれることでしょうね。
本当に嬉しいご訪問でした。
7. Posted by toshiyan   2009年04月17日 17:17
まさに命のリレーなんですね。
子供さん・お母さんが元気になられてよかったです。
私は昨日はじめて大腸の内視鏡検査受けましたが、異常なしで一安心です。
健康に感謝です。
6. Posted by ニコニコおかみ   2009年04月17日 12:00
『生まれ代わり・・』て
こんなことが本当にあるのですね。
人生最高の喜びと悲しみが同時だなんて!
この奥様のお気持ちを思うと とても辛いです!
でもこうして すくすくと育っているお子様と一緒になすびさんたちに会いに来られるまでに お気持ちも回復され 
本当に良かったですね。
きっと この坊やがお父さんの分まで お母さんに幸せ与えてくれる事でしょう!
頑張って欲しいです!
5. Posted by wired   2009年04月13日 23:02
憶えてますよ、この日のブログ
一周忌が過ぎて
お母さんが元気になられて
男の子も元気に育って
{笑顔}
幸せな未来が待っている事を
祈っています
4. Posted by 徒然   2009年04月13日 22:15
「母は強し」と言いますが、この方はいろんな事を乗り越えられて 周りの力を借りながら強くなられたんですね。
少し自分に重ねて考えてしまいました。。。
本当に大変な1年間だったと思います。
きっとお父さんも何処かで子供さんの成長を見守ってくれているはずですよね。
3. Posted by Happyばあば   2009年04月11日 06:22
生まれ変わり・・という言葉は時々耳にしますが、
こういう命のリレーは胸が痛いですね。
まさに同じ時間だなんて・・
この女性がこの1年どんなに頑張って立ち直ってこられたかを思うと、言葉が出ませんね。
でもこうやってご挨拶に来てくださるような女性です、これからもきちんとお子さんを育てていかれる方だと思います。
まわりの方のお力も借りながら、これからは楽しみながらお子さんを育てて行っていただきたいですね。
ご主人さまもきっとどこかから優しい目で見守って下さってると思います。
なすびさんも今大変忙しい時期だと思いますが、ランディ君の力も借りて、ゆっくりした時間も楽しんでくださいね。
2. Posted by moko   2009年04月10日 17:29
私も命のリレーで産まれました。
母は生理が少なく出産は無理と言われる中
キセキにも私を身ごもって、
私が産まれた時に・・・
祖父は亡くなり100歳近かったみたいです。
なので読んでて状況は違っていても
他人事に思えなくなりました。
まだ働き盛りの年齢で御主人が亡くなられる
産まれ来る子供を楽しみにしていたでしょうに?
胸がつまって言葉が出ないです・・・
でも奥様もお子様も親子で支えあって
生きていくんでしょうね♪
面識なくてもエール送りたいです☆彡
1. Posted by sinobueakira   2009年04月10日 12:50
30代で息子の顔を見ることもなく、この世を去った若いお父さんの話も一年以上経ったのですね。
奥様のメンタル障害は順調に回復し、息子さんも元気に育っているようで良かったですね。
“命のリレー”と同時に“奥さんの心の支えのリレー”でもあったようですね。
この息子さんがこれからは亡きご主人の分まで心の支えとなってくれることでしょう。
春の訪れと共に、暖かい訪問者でなすびちゃんも嬉しかったですね。
人の命と何時も向かい合っているなすびちゃんたちにとって、このような予期せぬ訪問者には感動させられますね。
若くして、命をなくしたご主人もきっとこの母子を天国から暖かく見守ってくれている事でしょう。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント
QRコード
QRコード