2009年09月08日

病み上がりは無理されないで!

毎年、高校でも大学でも運動部の夏といえば
「合宿」ですね!

でも今年は7月中旬から急激に
新型インフルエンザの感染者数が増え
その感染ルートのひとつに上がったのが
「合宿」などでの集団生活でした!

夏だからと油断もあったのでしょうか!?
7月下旬から8月上旬の新規感染者数は飛躍的で
中には大学の合宿所を閉鎖して
学生を実家などへ帰省させる措置をとった学校もありました。

それでも大学の体育会系運動部の中には
秋季リーグ戦やインカレなどの為に無理してでも
夏季合宿を行ったところもあったようです。


早期に感染していた学生が復帰した事などから
本格的に練習を再開する学校もあり
いつも道りの厳しい練習をこなしていた所からの搬送でした。

20代男性、大学フットボール部所属の学生さんで
練習中に突然倒れ、そのまま意識不明になり救急要請。

到着時にはあった心拍も、処置室へ移している間に消え
Dr.と交代で蘇生術を施しました。

昨日は真夏の陽射しが戻り、直射日光は容赦なく降り注ぎ
グランドや体育館を熱してたようです。

幸い若さと体力のある患者さんでしたので
蘇生後間もなく心拍再開。

熱中症様症状でしたが、措置が功を奏し
ご家族が駆けつける頃には既に意識も回復
一度は心臓が止まったなんて信じられない元気さでした。

病状及び予後についてのご説明を差し上げながら
練習の内容など確認していきましたが
この患者さんは先月末に新型と確認され暫く自宅療養され
リーグ戦への焦りからか、今週から通常メニューの練習を
他のメンバーと同様にこなし始めたばかりだったと言う事でした。

病み上がりという事も重なっての今回の発症だったのでしょうね。
若さあふれるアスリートとはいえ
今回の新型インフルエンザを甘く見ては
いけない例になってしまいました。

だってもし心肺停止がグラウンドで起きていたり
発見や受入病院が手一杯で搬送が遅れたり
症状がもう少し進んでいたとしたら、
かなり危険な状態になったことは間違いないのですから・・・。








at 13:19│Comments(10)TrackBack(0)新型インフルエンザ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

10. Posted by なすび   2009年09月11日 10:43
徒然さん、こんにちわ。
ママ友さんたちの話題はやはりこれでしたか!?
一番の心配事ですものね!
特に妊婦さんや幼児ママには気がかりですものね。
先日徒然さんからご質問頂いた予防接種の件について
私も気になっていたので先日アメリカでの学会で発表された
新たなレポート読んでみました。
そこには8月に入ってから出た新しいデータも出てきました。
夏まではワクチン接種は1種の方が一般的で
リスクもしく無いとの判断だったのですが
今回の研究レポートでは新型と季節性双方の接種をすることで
感染率が下がることも立証されたようです。
でもその副作用に当たる接種のリスクは高くなるようで
日本の医療行政もまだ決定判断は出来ない様子です。
最終的には子供に接種するかどうかは親の判断によることになるようです。
予防接種はあくまで予防でしかないので、
感染しないためか副作用を避けるかは、
そのお子さんの体質などに左右されると言うことに
なりそうだと言うことです。
お子さんに対するご心配事も多いと思いますが
私で解かる最新データはこんな感じです。
また心配な点があればお知らせくださいね。
ないせ未知の新型ですからデータや判断もまだ確定していないので
今後も方針はどう変わるか解かりませんので・・・・
9. Posted by なすび   2009年09月11日 10:30
アキラさん、こんにちわ。
本当に体格のご立派な患者さんでしたので
別途移動など通常2?3人で行うのも重くて5?6人でしました。
それでも回復されたので一安心でしたが
もう少し遅かったら・・・
やはり体力回復までの時間が季節性のものとは違うのかもしれないですね!
本人はもう大丈夫と言う気持ちもあったのでしょうが
内面の回復にもう少し時間をかけたほうがよかったのかもしれませんね。
私たちも今後の業務上の感染が心配ですが
ワクチンが出来上がりプライオリティの高い妊婦さんたちへの接種予定が
来月下旬ですから、私たちへの接種は11月ごろになるかもしれないですね。
8. Posted by なすび   2009年09月11日 10:24
toshiyanさん、こんにちわ。
ご無沙汰いたしております。
ご心配をおかけして申し訳有りませんでした。
何とか元気を取り戻し更新を続けることが出来ましたので
宜しかったらまた除きに来て下さいね!
その番組は見られなかったのですが
ドクターヘリから搬送される救命救急での業務内容は同じです。
オペ室が開いていなければ処置室で直接胸やお腹にメスを入れ
開胸・開腹をする事も日常です。
私も何度か胸を開いた患者さんの体内に手を入れ
止ってしまった心臓を直接手で握ってマッサージし
鼓動を回復させることは何度もあります。
それで元気になり、退院される患者さんがいらっしゃることが
今の遣り甲斐かも知れません。
でも本当はそんな治療が無くてもいいようになれば一番なのですが。。。
Toshiyanさんは健康にも留意されてらっしゃるようで
ご趣味の登山も健康維持に大いに役立ってらっしゃるようですから
とても素敵なお時間を使われてますね!
でも過信は禁物!
無理だけはなさらないでくださいね!
7. Posted by なすび   2009年09月11日 10:13
ばあばさん、こんにちわ。
この患者さんもタッチの差で命拾いをされたのかもしれません!
もしかして何かのタイミングが狂っていれば
最悪のケースになっていた可能性も高い患者さんでした。
感染後の体力回復が今までの季節性のものと同じなのか?
それとも何か予後に注意すべきことはあるのか?
そんな事すら未知との遭遇ですから、体力があるといっても
やはり感染しないことが一番の安心です!!
息子さんへの母の思い、暖かく感じ嬉しくなってしまいました。
まだ熱中症の搬送例もありますので、体力に任せないで
小まめな水分補給や感染予防など心がけていただければ良いですね!
6. Posted by なすび   2009年09月11日 10:07
wiredさん、こんにちわ。
もう直ぐお彼岸と言うのに
まだ残暑が厳しいですね!
お子さんの感染が一番気に掛かりますよね。
地域で一人感染すると、その潜在感染率は飛躍的に上がり
あっという間に学校閉鎖なんて例もあるようですから
基本的な予防策は徹底されると良いですね。
それにまだまだ熱中症も心配な時期です。
これはお子さんに限らず、むしろ成人のほうが多いので
お仕事の合間もお茶など口にされて下さいね!
5. Posted by 徒然   2009年09月10日 22:15
近頃、ママ友達と会うと新型インフルエンザの話ばかりです。
今朝もニュースで死亡者12名目の方が既往歴も無く、快方に向かっていたのに亡くなったってしていました。
症状が有る時には体もしんどいし、動けないので寝込んでいるしか有りませんが 快方に向かい始めると、油断してしまいますよね。
でも、こんなことにまでなるとは思いませんでした。
ニュースでは入試に向けて学校側はインフルエンザ対策に頭を悩ませているってしていましたよ。
早く終息に向かって欲しいものです。
4. Posted by sinobueakira   2009年09月10日 06:01
夏の合宿は厳しい練習でしたが、練習後の仲間達と一緒に食べる晩御飯が美味しかった事等辛くて、楽しい思い出があります、今回のように新型インフルが蔓延すると、合宿も控えなければなりませんね。
体力的には一番充実しているときですから、少し無茶をしがちですが、新型インフルは甘く見てはいけませんね。
フットボール(アメラグ)の選手なら相当な体格の学生さんだったのでしょうが、何とか元気になられて良かったですね。
病み上がりは特に十分な休養をとらないと、運動部の仲間達にも迷惑がかかりますね。
それにしても、水際作戦が失敗した後、新型インフルの感染の勢いは止まりませんがこのまま冬を迎えると従来型のインフルと合体し予想が出来ない変化をするんでしょうか?
なすびちゃん達医療チームのワクチン接種は済みましたか?ワクチンはまだ出来ていないのかな?
3. Posted by toshiyan   2009年09月09日 10:27
なすびさん、こんにちわ。
更新がなかったので、どうされたのかと気になっていました。
昨夜NHKでドクターヘリの番組をやってました。
「ドクターヘリ、攻めの医療で命を救え?松本尚?」というタイトルでしたね。
今回の番組は手術中の生々しい映像がそのまま映し出されて少しショックを受けましたよ。
そしていつも思うことですが、医療関係者のご苦労がよくわかる番組でした。
なすびさんもこんな緊張感の中で仕事されてるのだろうなと思って見てました。
私はといえば、バイアスピリンとリピトールを毎日服用して、元気に山に登っています。
2. Posted by Happyばあば   2009年09月09日 05:42
この学生さん無事に元気になられてよかったですね。
でも一つ間違えば・・・取り返しがつきません{悲しい}
体力に自信のある若い方は、こういう無理をされてる方たくさんいらっしゃるでしょうね。
新型を侮ってはいけないことようくわかりました。
息子も仕事先の野球部に入っているのですが
午前中の試合でもここんところの暑さは半端じゃない!と言ってます。
水分補給だけは気をつけるように言ってますが・・・
若さゆえの過信や油断は禁物だ!!
と、もう一度念をおしておきますネ。
1. Posted by wired   2009年09月09日 00:19
新型インフルエンザ 甘く見てはいけないですね
学校もはじまって
毎日のニュースを見ていると
いつ、自分たちの地域でもと心配してます
それに、涼しくなってもいい頃なのに
京都は連日33度
熱中症にも気をつけて
こまめに水分補給にも気をつけています

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント
QRコード
QRコード