2009年09月11日

色々研究は進んでいるのですが・・・

この所日中の日差しはまだ夏の面影を齎しつつも
朝晩の過ごし易さは、間違いなく季節が進んでいる証ですね!

そして今年は秋の訪れとともに気にかかる話題が増えて・・

とうとう新型インフルエンザでの国内死亡者数が2桁になり
その感染ルートもハッキリせず、又既往症のない壮年者の
発症・死亡例も報告されて、不安を増してしまいます。

ついこの間まで若い人は感染しても軽症で済むなんて
タカを括っていた方もいるかもしれませんが
それが浅はかな考えで有る事がここで立証されてしまいました。

元々季節性インフルエンザの予防接種の効果も
日本小児科学会ではワクチン有効率が20?30%と示しています。

つまり小児ではワクチンの予防接種を受けていても
10人に7?8人は感染する事が報告されていました。
(ただ感染しても重症化し難いといわれています)

その効果をご理解頂いた上で、
希望される方に任意でワクチン接種を勧めています。

これは例年と変わらないのですが
最近の諸外国でのインフルエンザに関連する学会では
この季節性ワクチンと新型ワクチンの双方を接種する効果と
それによる副作用リスクとの関連性が報告され
国内でも議論の分かれるところになっているようです。

昨日発表された論文には、新型の場合
ワクチン接種の回数を季節性のように2回打つのではなく
1回の接種でも健康な成人であれば十分な免疫効果が
得られるとのデータも載っていますので
恐らく日本でも新型ワクチンは1回の接種になるのでしょう。
最近では季節性のも1回接種が主流になっていますので
これは恐らく1回接種で固まると思いますが
それ以外のことは基礎研究の場でさえ流動的なので
今後の研究の成果を待つことになりそうです。。

つまり最終的に双方の予防接種を行うか、片方にするか等の
判断は現場のDr.やその説明の元に患者さんが判断する
そう言う可能性も出てきたようです。

今年は新型ワクチン生産に伴い
季節性ワクチンも生産数がかなり少なくなっていますので
受験生など特に希望される方は
お早めにお近くのクリニックなどで
予約されると安心かも知れませんね!

どちらのインフルエンザにせよ、
感染して悪化すれば死に至る怖い病ですし、
インフルエンザ脳症などでは後遺障害も心配です。

ただ最初に記したように、ワクチンはあくまで予防です!
接種すれば罹らないと言うものではありません。

ワクチン不足によって接種できない事に恐怖感を覚えるのでなく
基本的な「うがい」・「手洗い」そして流行したら不要不急の外出や
人ごみを避ける等の自己防衛のほうが効果が有る様にも思います。

そして万が一感染してしまったら
お住まいの自治体のインフルエンザ対策課の指示に従い
発熱外来などを受診する事で対応できると思います。

タミフル・リレンザなどの治療薬も普及していますので、
必要以上の心配はなさらず
普段の生活の中で、持病などの悪化を避け体調管理をする事で
ワクチン以上の効果を得られるかも知れません。

相手は未知のもの。
侮ったり怖がり過ぎたら、その時点で負けてしまいますものね!





at 11:26│Comments(8)TrackBack(0)新型インフルエンザ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

8. Posted by なすび   2009年09月14日 09:52
ばあばさん、こんにちわ。
新型は感染力の強さが一番の脅威ですから
都市部では可也の患者さんが発生することが懸念されていますね!
今までのように弱毒性のものなら何とか乗り切れるかもしれませんが
海外では既に抗ウィルス薬に耐性を持つ症例も報告され
今後の変異に危機感が募ります。。
余り怖がりすぎてもいけないのですが
出来ることから自己防衛に努めるだけで
ずいぶん違いますから、まずはご家庭での手洗い・うがいなどの
徹底ですね!
7. Posted by なすび   2009年09月14日 09:47
kawazu先生、こんにちわ。
コメントありがとうございます!
山口大学は私の専攻しているクリティカルケア学会の事務局が
ありますので何度か連絡を取ったことがあります。
お風邪を召されたご様子ですが
どうぞご自愛くださいね。
今後ともよろしくお願いいたします。
6. Posted by なすび   2009年09月14日 09:39
ママさん看護師さん、こんにちわ。
ちょうど学会関係の資料に目を通していたので
偶然気になる論文があったので読んで見ました。
週末にはニュースでも取り上げられていましたから
ワクチン接種も1回で決まりそうですね。
これでワクチン不足も少し解消かな!?
そちらも人員不足など深刻な様子ですが
この危機を何とか乗り切れるようにがんばりましょうね!
5. Posted by なすび   2009年09月14日 09:34
アキラさん、こんにちわ。
ランディはこのところの陽気の良さに
私の顔を見るたびにお散歩オネダリですよ^^
不規則な時間でもやっぱりお外の空気は嬉しいらしく
チョッとのつもりでも1時間以上のお散歩になってます。。
これからの季節はウィルス感染の心配が増しますが
人込みでは自己防衛に努める外は無いかもしれないですね。
先ずは罹らないことが一番ですから・・
4. Posted by Happyばあば   2009年09月13日 05:25
先日の新聞に福岡市で新型インフルに感染する人は、40万人に及ぶんじゃないかと発表されていました。
すごい数ですね。
ワクチンの優先順位も出ていましたが、費用がけっこうかかりますから、接種したくても出来ない人もいるかもしれませんね。
孫の学校でもぽつりぽつり患者さんは出ているようです。
学級閉鎖にはなっていませんが・・・
予防をきちんとして、おかしいな?と思ったら早めに受診・・・
それを心がけます。
3. Posted by kawazukiyoshi   2009年09月12日 16:55
新型インフルエンザも今からがピークだそうですから、安心できませんね。
少し風邪気味なので、新型かと思ってしまいましたが、そうでもなさそうです。
手洗いうがいはやっぱりちゃんとやりましょう。
そして
今日もスマイル
2. Posted by ママさん看護師   2009年09月11日 15:38
やっぱりなすびさんは勉強家ですね!!
チョッと凄すぎです!!!
直接救命とは関係ない分野だけど、この論文も読破しているのですね。
しかもこれてつい最近発表されたばかりで翻訳すら終わってないんじゃない!?英語が得意と言っても医学用語満載の論文を原文で読んでるだけでも頭が下がりますよ。しかも自分のフィールドに生かそうと色々努力もされてるんだから自分の個人的時間もなくなるわけですよ。
それがみんな患者さんやこうしてブログ仲間さんの質問に答えてるんだからあなたこそ無理しないでね!
さすがは救命看護論文を英文で書けて発表できる人だわ!
1. Posted by sinobueakira   2009年09月11日 11:49
朝晩涼しくなってきましたね、ランディ君も散歩に連れ出して欲しいとおねだりしている事でしょうね。
新型インフルの感染ルート等はこれだけ蔓延すると何時何処で感染したかは判らないでしょうね。
今年の春先に恐れていた事が現実となり、見えない細菌の恐怖を感じていますが、昨日『阿修羅展』に出かけましたが、マスクを着用している人はあまり見かけませんでした。
あれだけの人が集まるのですから、感染するスピードは速くなるばかりでしょうね。
今日も人の集まるところに出かけます。
福岡ドームです。
ライオンズの宿敵、楽天イーグルス戦ですから、頑張って応援してきます。
なすびちゃんは忙しくて野球観戦にも行けそうにないですね。
野球観戦で新型インフルに感染しないよう気をつけます。(つまらない親父ギャグです。)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント
QRコード
QRコード