2009年10月22日

家庭で出来るインフル対策

帰国後やっとお休みになったというので
ブログを更新しようとPCを開いたら
今日になってまた新たな新型インフルエンザによる
最年少(3歳)患者さん死亡のニュースが目に留まりました。

今週から新型インフルエンザワクチン接種が
一部の地域と職種で始まったと言う矢先なのに。。。

ただそれも一回の接種で十分なのか、2回接種がいいのか!?
朝礼暮改の如く日々厚労省の見解も変わる状態・・・。

当初は医療従事者と言われていますが、
その範疇は地域ごとにバラバラで私はまだ接種していません。
直接患者さんに接する外来のDr.やNr.以外に
救急隊員や外来受付事務スタッフは対象にならない所も。。。

また優先対象者に入らない既往症の無い成人の場合
今シーズンの接種は出来ない可能性も・・・。

そんな中で心配だけが先行しても不安が増すばかりですので
先ずは自己防衛の徹底!
実は手洗いやうがいの敢行は可也な予防効果が立証されています。
ただ大人になるにつれ、その単純さがお座成りになり
手にウィルスが残ったままだったりするケースも有ります。

そうならないために今一度予防のために
基本動作を見直すきっかけになってもらえればと思い
新型インフルエンザの本格流行を前に
各自治体などで配布されている冊子から
基本的な予防方を抜粋してみますね!

ブログ転載には問題も有るかも知れないけど
一般広報されている基本的な事のなので
周知の意味から載せてみますね!

d12705f2.jpg


4036336c.jpg


447d0d2d.jpg


f6440a2e.jpg


027e8c69.jpg


特効薬とされていたタミフルに耐性なウィルスも確認され
当初は弱毒性だから大丈夫と安易に考えられていた方も
ここへ来て対策を思案しうる方もいるでしょう!

でも一番大切なのは感染しないこと!!

その為にも、先ずは自分に出来る事から
予防に当たるのが得策ですよ!

それでももし罹ったかなと感じる症状が出たときは
最寄の対策相談室などへ電話相談され
その指示に従って受診してくださいね!


うがい・手洗いは小学校などでは徹底した指導をしているので
お子さんが帰宅しても自宅でもシッカリされているようですが
大人になるにつれ、手洗いも形式的に簡素化してしまい
ウィルス除去にならないまま家族と過すケースも多いらしく
体力の弱いお子さんが親から感染し発症する事も考えられます。

同じウィルス量を体内に取り入れても
大人は大丈夫でもお子さんは発症する事もお忘れなく!

小さなお子さんやお孫さんと接する機会の多い方は
特に注意してうがい手洗いを心がけてくださいね!















at 20:36│Comments(9)TrackBack(0)新型インフルエンザ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

9. Posted by なすび   2009年10月27日 10:55
ばあばさん、こんにちわ。
Mちゃん、その後いかがでしょうか?
ご連絡が遅くなったので
タイムリーなアドバイスが出来ず申し訳ありません。
お伺いした情報からだと既に回復されてらっしゃるようですし
高熱の持続時間も短時間で済んでいるようなので
後遺症的な心配も要らないと思われますよ。
今後もし又高熱が出たとしても
それは今回のものとは異なると思うので
その症状は一応収まったと判断してかまわないと思います。
その状況からだと検査をしても、新型だったかどうかの判断だけで
治療自体は不要に思われますから
現状で発熱など無いようなら安心されていいのではないでしょうか?
解からないことが重なるとどうしても不安になりますようね。
それがお子さんやお孫さんのことだと余計に・・
私で不安解消になるようなことがあれば
いつでもメールくださいね!
8. Posted by なすび   2009年10月27日 10:46
ばーびーちゃん、こんにちわ。
即ユンケル!
これ正解かも(笑)
本当に人事ではなくなってきた感染拡大です。
しかもよそうより重症化するケースも多く
今後の変異が懸念されて私たちもバタバタしています(汗)
このままだと年末のばーびーちゃんとのご対面が
流れてしまいそうですよぉ。。。。
7. Posted by なすび   2009年10月27日 10:43
アキラさん、こんにちわ。
残念ながらまだお休みを頂けていませんです。。
新型インフルエンザを言われるようになって
もう随分日が経つように感じますね。
この新型は豚インフルエンザでしたが
ここへ来て鳥インフルエンザの流行が
懸念されるようになって来ました。
こちらはさらに強毒性で感染すると死に至るケースは
現行の豚インフルエンザの比ではありませんし
豚インフルに罹ったから
鳥インフルに罹らないなんて事はありません。
それだけ今冬のインフルエンザの脅威は恐ろしいものです。
この後どう推移していくかは未知の物ですが
我々に今出来る事は自己防衛ぐらいなので
侮らないでうがい・手洗いの敢行をしていきましょうね!
6. Posted by なすび   2009年10月27日 10:35
wiredさん、こんにちわ。
お子さんが感染ではご心配がつきませんね。
既に受診も終えて処方もされているようなので
今週一週間はゆっくりお休みされるよう心がけて
完治を目指してくださいね!
そして家庭内での感染も多いので
咳の出るうちは姉妹一緒の時間をなるべく避け
お世話するご両親も毎回手洗いなど忘れずにされてから
下のお嬢様と接するようにされてくださいね。
一日も早いご回復をお祈りしています。
どうぞお大事にされてくださいね!
5. Posted by wired   2009年10月27日 00:17
残念ながら {悲しい}
上の子がインフルエンザに罹りました
気をつけていたんだけど・・
{悲しい}{悲しい}
4. Posted by Happyばあば   2009年10月23日 19:32
昨日の朝、孫のMちゃんが熱を出した・・とTEL。
娘が仕事の日でしたので預かる事にしましたが、
37度ちょっとの熱が何もしなくてもみるみる下がって、
今日は学校へ。
病院には結局行ってないのですが、
新型でないと勝手に判断して良かったのかどうか・・・
よくわかりません
高熱が出てなくても、新型かどうか検査されるものなのでしょうかね?
わからないことばかりでなんだかオタオタしてしまいます。
3. Posted by ばーびーちゃん   2009年10月23日 11:54
なすびちゃんのご活躍ぶりがたのもしいですね?。
インフルエンザも今年は人事ではなくなりました。
絶対に休めない職業柄、うがいと手洗いは心がけてますけど。
最近は風邪ひきかけたら即(   )!
何だと思います?
答えはユンケルです(笑)
2. Posted by sinobueakira   2009年10月23日 05:58
帰国後、やっと休みが取れたようですから、ゆっくりランディ君と遊んでください。
今春から新型インフルエンザ対策で水際作戦に対する女性医系技官の批判をニュースで見ましたが、潜伏期間が1週間以上もあるようなインフルエンザではやはり効果はないのかもしれませんね。
一年中、新型インフルに悩まされていると既に新型ではなくなっているような気がします。
ウィルスとワクチンの対決は一時的にはワクチンで勝利するのかもしれませんが、更に新型のウィルスが誕生するウィルスのしぶとさに脅威を感じます。
医学と細菌のバトルは永遠に続くのでしょうね?
手洗いとうがいは子供達を見習わないといけませんね!
1. Posted by wired   2009年10月22日 23:56
僕も安心していた一人ですが
学級閉鎖や幼い命が奪われていくニュースを見るたび、自分も子供の為に手洗いうがいを心がけてます

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント
QRコード
QRコード