2010年02月13日

僕の子供には病気させない!

その男の子が搬送されてきたのは
まだ私が派遣先から戻る前の事でした。

救命からICUへ入院し、現在も加療中のそのお子さんは
来月には小学校を卒業する予定の笑顔の可愛い子です!

でも・・・
この4年間で小学校へ通ったのはホンの数日だけ
元気にお友達と登校できたのは2年生までだそうです...

その後は闘病を余儀なくされ、殆どの時間を病院で過ごし
次第にお友達との話も合わなくなり
お見舞いに来てくれる友人も一人減り二人減りと・・・

その子がやっと体調が安定して一時帰宅を許可され
ご家族と一緒にお家での時間を楽しんでいる時に
自宅玄関の段差に車椅子が引っかかり転倒し投げ出され
頭部強打による一時的な意識喪失があり搬送されたようでした。

救急要請した際には入院していた病院を指定したようですが
救命や脳外科医の不在などもあってこちらへ搬送され
処置後直ぐに意識は取り戻したものの、
様態が安定するまでこちらのICUで経過観察してから、
入院元の病院へ転院することになっています。


そのお子さんが、久しぶりに出勤した私を見て

「新顔の看護師さんだね、ゲームしようよ!」

そう言って笑顔で話しかけてくれました。
その言葉使いには、医師や看護師との会話に慣れた
笑顔の中にもチョッと絶望感も漂うような気がしました。

入院が長引くと周りが大人ばかりなので
大人びた言葉を使う子がいることは良くあります。
それがチョッと可哀想に感じるのですけれど・・・

少しだけ時間を見つけてゲームをしていると
ボソッと一言・・・

彼      「僕は結婚できるかな?」

なすび    「病気なんて愛情と関係ないからきっと出来るよ」

彼      「僕に子供が出来たら絶対に病気にさせないんだ!!
        病気だと友達もいなくなっちゃうし
        ○○(弟さんの名前)とも遊べないもん。。。
        ゲームだって先生や看護師さんとだから
        本気で遊べないしつまらない」

小学生が学校へ行けないつまらなさって
大人が感じる以上に悲しい事なのでしょうね!

早く良くなって、好きな女の子見つけて
大人になったら結婚して、生まれてくる子供には
病気の苦しさを味合わせないようにして欲しいですね。。。。


その前に早く安定させて、出来れば来月の卒業式や
春の中学の入学式に出席させて上げられるよう
ケアしていかなくちゃね!











nasubi83 at 14:13│Comments(4)TrackBack(0)お子さんたち 

トラックバックURL

この記事へのコメント

4. Posted by なすび   2010年02月16日 13:22
あいさん、こんにちわ。

小さなお子さんの搬送は何度受け入れても
慣れるものではありません。
そして時には医療の無力に直面し
その現実に苛まれることもしばしばですよ。。

せめて子供には大病がなくなればと思うばかりです。
3. Posted by なすび   2010年02月16日 13:16
アキラさん、こんにちわ。

もうあれから一年以上が経ってしまったのですね!
リコーダー少年のお母様も、その後地方の専門病院での
長期療養に励んでらっしゃると耳にしましたが
お子さんを亡くされた悲しみは一年ほどの時間の経過では
笑顔を取り戻させてくれる状況ではないようです。

この患者さんも今回は外傷治療がメインでしたが
主疾患の治療はそう簡単に展望の開けるものでもなく
儚い期待を持たせる事より
現実に直面してどう対応していくかを
スタッフ一同とご家族一緒に支えあっていかねばなりません。

小さなお子さんの大病は悲しいほど残酷で
そして医療が無力に近い事もしばしばです。。

2. Posted by あい   2010年02月15日 23:59
先ずは無事帰国されたようでお疲れ様でした。
そして休む間もなくこうして病棟へ出られているのですね。
本当に頭が下がります。

入院先からの一時帰宅はさぞ嬉しかったでしょうに
返った結果がこうして他の病院へお世話になるようでは
踏んだり蹴ったりで鳴きたくなるでしょうね。
早く元気に学校へ通えるようになると良いけど
こう言う大病を抱えたお子さんが多い事に
悲しくなります。

なすびさんがどんなに頑張っても
新しい患者さんは毎日運ばれてくるし
大変でしょうが無理されないでくださいね。

1. Posted by sinobueakira   2010年02月13日 22:21
久しぶりに病院での仕事のようですが、小学生の男の子が出てくると、どうしてもリコーダー少年のことを思い出してしまいます。
同じ年ぐらいの男の子ですね!
4年間の闘病生活は辛いと思います。
早く回復して、この4年間の病院生活ををゆっくり取り戻して欲しいものです。
病名はわかりませんが、完全に回復できる病気だと良いのですが・・・
「新顔の看護師さん」とは気が合いそうですね。
本気で遊べる人が早くできるといいですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント
QRコード
QRコード