2010年10月09日

試練

IMG_2085_R

術後経過観察中のランディです・・・

IMG_2086_R

浮かない顔をしています。。
麻酔から覚めて、一日は点滴していたのですが
ストレスからか、ルートを噛んでしまい自己抜去。。

人間の患者さんにもこうした行為をする方はいるので
あまり気にはならなかったのですが
ストレス過多では予後にも影響するので
獣医さんと話し合って、安定した段階で退院を決めました。

IMG_2097_R

やはり自分のベットが落ち着くのでしょう。。
久しぶりに帰宅できて、やっと二人の時間がもてました。

でも帰宅と同時に始まるママの看護体制もちょっと大変!
おかげでランディの看護記録ノートもドンドン厚さを増しています。

点滴で補うはずだったお薬も、今は経口薬としてママが管理し
食事や消化管の動きなどを確認しながら服薬しています。

徐々に安定はしてきているので、お留守番も何とかできるのですが
仕事をしていても心配は尽きず、終業と同時に帰宅させてもらい
大学の業務は自宅でこなしている日々です。


IMG_2101_R

まだエリザベスを外せませんし、お洋服のように見えるのも
獣医さんが処方した手術幹部の保護服なんですよ!


試験開腹を受けて、胃や小腸の数か所を切除して
病理検査に出しているのでその結果が心配ですし
骨髄穿刺という血液を作る機能の働きを見る検査もしました。

それ以外にも感染症が重度だったために尿や便まで培養に出して
体全体の検査をしている状態です。

この小さな体のランディが、あちこち痛い思いをしながらも
何とか頑張ってくれているのを見ているだけで
私はたまらず毎日泣いてしまっています。

私がこれではいけないのですが・・・

生後間もなく母犬の育児放棄で、
母乳の味も知らずに兄弟犬とも遊ぶ時間も持てなくて、
ブリーダーさんもこの子の将来を案じられて
その前に御縁のあった私を思い出してくださり
声をかけてもらった経緯から始まったラインディとの生活。。。

生まれながらに母の愛情を受けられず
やっと私との生活が当たり前になったかなぁと思ったころに
身体を何か所も切り刻んで検査を受けなくればならないなんて。。

試練というには余りに辛い思いをさせてしまいました。

ランディは本当に私の所へ来たのが幸せだったのでしょうか?
そんな弱音が口をつくことが時々あります。。

病の根本はまだ分かりませんが、
絶対にまた一緒にお散歩へ行ったり、カフェでお茶したり・・・
そういう時間を持てるようになる為にも
私が泣いていてはいけませんね。








nasubi83 at 15:18│Comments(14)TrackBack(0)ランディ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

14. Posted by なすび   2010年10月19日 11:55
あいさん、こんにちわ。

私もあいさんにお会いできたのをうれしく思っていますよ!
そういう人の出会いやふれあいもが
こうして私を励ましてくださったり、
大きな力になっていますもの!

やはり人と人の繋がりって
目に見えない何かで必然のごとく
昔から決まっているのかもしれないですね!?

いつもご心配いただき感謝しています。
13. Posted by なすび   2010年10月19日 11:52
sacchinさん、こんにちわ。

顔に書いてあるの見えました(笑)!?
ランディもうちへ戻ってから
少し表情が穏やかになった気がしていましたが
sacchinさんにそう言ってもらえると
本当に安心してしまいます!!

いつかきっと又ランディと一緒にお散歩しますから
それまでもう少し私も頑張らないといけませんね!
12. Posted by なすび   2010年10月19日 11:49
リンままさん、こんにちわ。

お嬢様ももう中学生ですか!?
あの時はちょっと心配しましたが
もう何の心配も要りませんよ!
一過性のものですから、部活やお友達との楽しい時間を
思いっきり楽しんで、青春の思い出づくりに
励んでもらえますね!

ランディがリンちゃんと一緒にお散歩できる日まで
もう少しかかりそうですけれど
その時には是非ご一緒してくださいね!
11. Posted by なすび   2010年10月19日 11:45
徒然さん、こんにちわ。

まだ徒然さんの心配事も尽きない時期なのに
私を気遣ってくださり、不安事も解消しない事でしょう!?
もし又不安なことや聞いておきたいことがあればいつでもメールくださいね。
徒然さんが心配事をため込むことは
ご家庭全体へ影響してしまいますから・・・

ランディが必然で私の所へ来てくれたと
そう私も思うようになれるかな?
でも徒然さんの優しいお言葉を信じて
ランディとの絆を信じたいと思います。

泣いていては始まりませんものね。。

10. Posted by なすび   2010年10月19日 11:40
アキラさん、こんにちわ。

まだ2歳半にも満たないランディですが
彼の小さな身体の中での戦いに
私も助力できる道はないかと
思案しては泣いてばかりの日々でした。

検査もいくつか繰り返し、
結果はまだ確定していませんが、
おおよその方向性は見え出しているので
泣いてばかりではいけない事も自覚してきました。
笑顔になるには時間が必要ですが
二人で前を向いていこうと思っています。
9. Posted by なすび   2010年10月19日 11:36
ニコニコおかみさん、こんにちわ。

ハッピーちゃんっも大病をされたのですね。。。
おかみさんが献身的看病をされている姿が
なんとなく想像出来て同じ痛みを感じています。

私を選んできてくれたと信じて
毎日のランディのケアに喜びも見出しつつ
彼のためにも私自身の体調管理も
しっかりしなければいけませんね!
8. Posted by なすび   2010年10月19日 11:33
ばあばさん、こんにちわ。

遅くなりましたが、
少しづつ前を向いていく気力が出てきました。
ランディも頑張っているのですから
泣いてばかりもいられませんね!
毎日の看護ケアが出来ることがうれしい思いです。
先の事はもう少し時間をおいて考えていこうと思います。

いつもご心配いただき感謝しています。


7. Posted by あい   2010年10月13日 01:21
以前病院の方になすびさんが東大医学部出身だって聞いたときは
ちょっと冷たい美人看護師さんなんだというイメージを勝手に持っていました。
なんとなく東大医学部って聞いただけで
人情とか思いやりとかと言う事とは程遠いイメージがあって・・・

でも実際に私の友人の末期癌の時にも
見ず知らずの私の相談にも親身になって時間を割いてくださり
ここでも色々な方からもなすびさんの励ましの言葉や心強い言葉でサポートされている様子がうかがえ
本当に心優しい女性なんだなぁと改めて感心しています。

大学院がこちらの大学病院だという事で
私ともお会いできる機会が有って
私は本当に幸せです。

同じようにランディ君もなすびさんと会えたことを
心から幸せに思っていることでしょう。

くじけずにその綺麗な笑顔で患者さんにも
ランディ君にも接していてください。
ランディ君も本当に気持ちの優しい美人看護師さんを独り占めできて
元気になること間違いなしですよ!
きっとまた可愛いランディ君と超美人看護師さんのツーショットでカフェの男性の視線を浴びる日が来ますからね!
6. Posted by sacchin   2010年10月12日 23:50
こうやって、ちゃんと診察や手術を受けられるのも
なすびさんの献身的な愛情があるからだということは
ランディ君が一番感じてると思います。
幸せって、顔に書いてありますもの。
早く一緒にカフェやドライブにいけるようになるといいですね♪
5. Posted by りんママ   2010年10月11日 13:03
暫くお散歩でもランディ君を見かけないなと
思っていたら入院されていたのね!
ランディママさんも心配で大変でしょう。

娘がひきつけを起こしてグッタリした時には
夜中の2時過ぎだというのにランディママさんへ電話して
救急車が来るまで適切なアドバイスをしてもらい
私もパパもパニックにならずに救急車を待てたし
病院まで駆けつけてくださり本当に感謝しています。
その娘も今年は中学生です。

そんな命の恩人のランディママさんが大変な思いをしてるのに
何もできずにいる私たちが申し訳なくて
ごめんなさい。

ランディ君がまたリンとお散歩したり遊んだりできるように元気になることを
家族みんなで祈っていますよ!

ランディママさんも無理しすぎないでくださいね!!

4. Posted by 徒然   2010年10月10日 23:54
なすびさんには病に関する専門的な知識が有るばっかりに辛さが増してしまいますね。
でも、母犬から育児放棄をされたランディ君がその知識が有るママの元にやって来たのは必然だった気がします。
今だって、びっしりと書かれた看護記録ノートがママの愛情の証拠ですよ。
ランディ君の体を思ってだとは思いますが あまりご自分を責めるような事をなさらずに、今はそばに居てあげるだけで良いんだと思います。

ウチがバタバタした時には色々と心強いお言葉を頂いたのに…
遠くからですがランディ君の回復を心から祈っています。
3. Posted by shinobueakira   2010年10月10日 06:46
辛いことも楽しいこともランディ君のお陰で癒されたり、楽しませてくれたり微笑ましい二人の?関係を見ていると強い絆を感じています。
ランディ君はなすびちゃんの所に来て幸せだったのかなんて悩むことはないでしょう?
もう2歳6カ月のランディ君にはなすびちゃんの気持ちは誰よりもわかっているような気がします。
検査結果がはっきりするまでなすびちゃんも心配でしょうが、ランディ君は頑張ってくれると思います。
病気の検査結果が出て、最良の治療ができるように博多からも応援しています。

ファイト!!ランディ君!!
ファイト!!なすびちゃん!!
2. Posted by ニコニコおかみ   2010年10月10日 00:51
なすびさん 頑張って!
我が子同然のランディ君の事思うと
不憫で泣いてしまう気持ち分ります。
私も依然に飼ってたハッピーに腫瘍ができ、その患部が裂け最後は寝たきりでした。
毎日 患部の消毒や包帯を取り代えながら泣いてばかりいましたから
なすびさんの気持ちよーく分ります。
安心できるお家で大好きななすびさんに看病してもらってるのですから ランディ君きっと元気なりますよ!
なすびさんのところに来た事
ランディ君にとって とっても幸せな事ですよ。どうぞ悩まないで下さい。

お仕事もあり気が気でないと
思いますが どうかHappyさんも心配されてるように ご自身の体も気をつけてくださいね。
なすびさんが倒れたら 大変。
ランディ君にとって なすびさんの存在が なによりの心のよりどころなのですから。
きっと きっと元気になりますよ。
 

1. Posted by Happyばあば   2010年10月09日 16:36
なすびさん、毎日心配なことですね。
ランディ君も一生懸命闘ってるのでしょうが、痛々しくて可哀そうです。
なすびさんも病気の事がわかるだけに辛い事もあるでしょうけれど、ランディ君にとってはたった一人のママですから、
泣かないで見守ってあげてくださいね。
私の時はあんなにたくさん励ましのお言葉頂いたのに、なんて言っていいかわかりません。
ランディ君はなすびさんを選んで家に来てくれたのだと思います。
だからそんな弱気にならずに元気になる日を待ちましょう!!
なすびさんのお疲れが出ないよう、それだけが心配です。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント
QRコード
QRコード