2010年12月16日

なんで寝てるの!?

この所の寒暖の差の激しい日が、
知らず知らずにお身体に影響を及ぼしていることも多いですが・・

自宅玄関先で倒れられているところを隣家の人に発見され
救急搬送されてこられたのは60代男性。

状況から心筋梗塞が疑われ到着と同時に救命処置に掛かり
患者さんに群がるようにDr.やNs.が処置台を取り囲みました。

いくつかの処置を施しましたが、おうちの前で倒れられてから
お隣の方が気付くまでにかなり時間があったようで
蘇生術にも反応はなく、残念ながら力が及ぶことはありませんでした。

その事を告げにご家族の所へと向かったのですが・・・

救急車に同乗されて来たのは4歳のお孫さんだけでした。
通報してくださった隣家の人は、患者さんの息子さんへ連絡する為
勤め先の工場まで走って行かれたそうで、
一人残すわけにいかないとお孫さんを救急隊員に預けたそうです。

普段、お孫さんの保育園への送り迎えは患者さんがされていて
息子さんご夫妻はそれぞれの勤務先へ出かけられ
朝の時間はおじいちゃんとお孫さんだけのようでした。

この日の朝もいつものようにお孫さんは保育園へ出かける準備をし
おじいちゃんと一緒にご両親を送ったそうです。
それなのに。。。

息子さんご夫婦がこちらへ駆けつけられるまで
お孫さんは私と一緒に絵本など読みながら待っていたのですが
おじいちゃんの事が気になるのは当たり前で・・・

「もうおじいちゃんに会える?」

「おじいちゃんは何でずっと寝ているの?」

救急車内から横たわったまま、問いかけにも反応することなく
お孫さんからは「寝ている」ようにしか見えなかったのでしょう・・・

息子さんが到着して先に患者さんとお会いになられた後
お孫さんもベットサイドへ連れてこられ、
おじいちゃんに会わせて上げられました。

お孫さんは
 
 「おじいちゃん、もう朝過ぎてるのになんで寝てるの?」

その無邪気さに涙が誘われました。。。




こちらでも今朝は急に寒くなりました。
皆様もどうぞこのヒートショックには十分お気をつけになり
暖かくしてお過ごしくださいね!
トイレやお風呂場なども居住スペースと大きな温度差にならないよう
マットを敷いたり、先にお湯を流して床を暖めるなどして
足元の感触を温めるだけでも効果は有りますよ!














nasubi83 at 11:11│Comments(4)TrackBack(0)お子さんたち 

トラックバックURL

この記事へのコメント

4. Posted by なすび   2010年12月18日 17:32
アキラさん、こんばんわ。

このところの寒暖の差の激しさに加え
家庭内の温度変化も急激になり
血管の収縮で思わぬ病を発症することもありますので
特にお年を召した方や、生活習慣の変化のあった方などは
十分注意されてほしい時期でもありますね。

こうしたヒートショックは毎年この時期に注意喚起されるのですが
気をつけていてもこうした事態が起こるのも事実で
おじいちゃんを急に失ったお孫さんが
その悲しみを実感されるにはもう少し時間がかかるでしょうね。

寒さ対策のみならず、急な心拍数の変化をもたらさないよう
体調管理にご留意くださいね!
そしてどうぞ楽しい週末旅行を!!

3. Posted by なすび   2010年12月18日 17:26
ばあばさん、こんばんは。

きっと大好きだったおじいちゃんだったのでしょうね。
いつものようにおじいちゃんと一緒に幼稚園へ出かける心算が
なぜおじいちゃんは起きてくれないのだろう!?
そんな思いはこのお子さんが大きくなっても記憶されるでしょう。
それはおじいちゃんが最後に残した、
人への優しさ・思いやりを心に刻まれた事だと思いたいですね。

お友達の方からの年賀状、楽しみですね!
たとえお身体に不自由な事があっても、こうして人を楽しませたり
その頑張りを励みにされている方がいることを忘れずに
生まれた以上、生ある限り前を向いて歩かなければいけないと
再認識させられました。
歪んだ字の年賀状、来年も再来年も楽しみに待っていたいですね。
それが大きな力になっているのですもの!
素敵なお友達ですね。
2. Posted by shinobueakira   2010年12月18日 01:26
60代の男性、どうやら我々団塊の世代の同志かもしれませんね!
心筋梗塞や脳梗塞は怖いですね!
少し前までは元気にしていたのに、お孫さんにとってみれば何が起こったのか分からなかったでしょうね。
私にも5歳ぐらいの孫がいても可笑しくはない年齢ですが、悲しい別れになってしまいましたね。
急に冷え込んだりすると、このような事故が起こりやすいんでしょうね!
明日から星野村に行ってきますが、寒さ対策も完全防備で行ってきます。
1. Posted by Happyばあば   2010年12月17日 19:26
人の死というものをまだ理解できないお孫さんには、おじいちゃんは寝ているようにしか映らないのでしょうね。
玄関先でも「おじいちゃん!」と何度も呼んだことと思います。
それを思うとジンときますね。
私の友人も家で倒れ、救急車で運んだものの
心肺停止の時間が長かったのか後遺症がかなり残ってしまいました。
生きているだけよかったと思うべきなんでしょうね。
ゆがんだ文字でも年賀状をいただくと
「あ~、頑張ってる」っと嬉しくなってしまいます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント
QRコード
QRコード