2010年12月22日

蔓延の地へ

間もなくクリスマス!
例年のように病院でもロビーなどは
既に小児病棟の患者さんをメインにボランティアスタッフや
お見舞いに来られた方々にも手伝っていただき
綺麗に飾りつけが為されています。

シンボルツリーも電飾が取り付けられ
患者さんやスタッフの目を楽しませてくれていますよ。

今年も私は小児科の仲良し看護師さんたちと一緒に
パーティの企画や準備などに先月から追われています。

それでも小さな患者さんたちにとって
否応無しに病院で迎えなければならないクリスマスを
少しでも楽しんでもらえるようにと思いながら
一緒に折り紙を折ったり、ロビーやホールをデコレーションしたり
お子さん達の年齢に合わせた意見を取り入れて
病状に影響しない範囲でなるべく一緒に準備してきました。

イヴの夜はボランティアの方々がフォルクローレや
カリンバ(親指でピンをはじき音階を奏でる楽器)の
演奏などしてくださる予定ですし、
私達から患者さんへのチョッとしたプレゼントも用意しています。

勿論例年行われるキャンドルサービスもあり
私は今年もサンタクロースの衣装を着せられるのだろうと
ダイエットの準備をしていたところでした。。。(^^;)

ですが、先月に入って所属しているボランティ団体から
ハイチでの医療従事者が不足しているので
今年二度目の派遣を受けてくれないかとの打診が・・・

年初の震災時には救出間もない患者さんの救命治療に
雪国の診療所からそのまま赤道直下へ駆けつけましたが
一年を過ぎようとしている今、現地の衛生状態の悪化と
医療活動や復興活動を行う海外援助者への
流言飛語なども相まって敵視され一部ボランティア団体は撤退し
特に北部地域では国連からの支援団体が行う通常業務ですら
侭ならない事態に陥っているようです。

市内は私たちの搬送チームの救急車が走る際は
デモ隊なども道を空けてくれるようですし
国営ラヂオでも救急搬送を優先させるよう市民へ呼びかけて
デモや混乱時でも搬送は行えていると言われています。
その分キャパを超える患者さんが運び込まれ
既に撤退した支援団体の医療チームが賄う分を
カバーする必要から診療体制がパンク寸前のようです。

そんな中、現地での医療行為が遅れる事だけは避けたいとの事で
世界中の派遣可能なスタッフに声をかけていたそうでした。

12月中旬まで私は大学での講義が残っていたので
どうしても直ぐに現地に就くわけには行かず
講義を終えるクリスマス前から年末年始にかけてなら
病院も大学も派遣受諾して宜しいとの許可が得られ
今年二度目のハイチ派遣に就く事になりました。

昨年もクリスマス直前で東北の診療所へ派遣されたので
病院でのクリスマスパーティは準備だけで参加できず
今年こそはと楽しみにしていたのですが
現地では病院にもいけない状況のお子さんも多いでしょうし
クリスチャンの多い国なのに、クリスマスを祝えず
その日を生きるのに必死な環境なのですから
私に出来る事ならお手伝いに出掛るのを苦にしてはいけませんね。

クリスマスの準備や当日のパーティ進行などの手配を友人に託し
私はクリスマス休暇から年明けまで現地の人と一緒に
医療活動に従事してきます。

コレラや赤痢など感染症も蔓延し、
その原因が海外から来た国連関係者や私達医療スタッフだと
現地の人々からは思われているとの事で治安は前回以上に悪化!
海外医療スタッフの中にも犯罪に巻き込まれるケースが発生し
女性スタッフの派遣を見合わせる団体も出ているようですが
うちの団体ではまだそこまで規制されて無いようですし
警備隊が巡視する診療所内での救援活動がメインと言う事なので
出来るだけのことはして来るつもりと母にも理解してもらいました。


キャンプ地では衛生体制の不備から感染や暴動等の恐怖もあり
医療支援に専念できるか不安も残りますが
予防接種の関係などから、現時点で直ぐに派遣できるスタッフが
それほど多く存在しているわけでもないので
微力ながらもう一度現地へ行ってこようと思います。

そんな訳ですので、ブログの更新は帰国後までお休みとなります。
また帰国したら現地での事など更新できると良いなぁと
思っていますので、その時は又お付き合いくだされば幸いです。
本年も本当にお世話になりましたこと感謝しています。

そして、どうぞ皆さん良いお年をお迎えください!


                                なすび












nasubi83 at 13:16│Comments(25)TrackBack(0)ボランティア 

トラックバックURL

この記事へのコメント

25. Posted by wholesale mlb baseball jerseys   2011年07月08日 18:03
米プロ野球の最新のユニホームを着て、提供を低価格で行進に品ぞろえを歓迎します!私达があなたの最も良いサービスを提供します!
24. Posted by なすび   2011年02月08日 11:06
ニコニコおかみさん、こんにちは。

娘を見守るお気持ちでいて下さって本当に感謝いたします。
お陰様で何とか無事帰国できました。
支援慣れしているつもりでいましたが、
今回は震災支援と言う現場と言うより何となく戦地での野戦病院的支援でした。
勿論本物の野戦病院からすれば足元にも及ばない現場でしたが
別の地区を担当していた団体では人的被害も発生して
支援を打ち切る事態になってしまったボランティア団体も出て来ました。
それでも同じ国民がコレラなどに侵されてる現場ですから
現地政府の迅速な適切対応が望まれるところなのですけれど・・・・

派遣以外のコメントにまで色々ご心配を頂き
本当に感謝しております。
人の考え方はそれぞれですし私は気にしていません。
また皆さんからコメント頂ければと思っていますので大丈夫ですよ。

23. Posted by なすび   2011年02月08日 10:59
ママさん看護師さん、こんにちは。

何とか無事戻りました。
ブリティンでも何度か現地情報が回った事と思いますが
途中でワクチンや人材の新規供給が難しいとの連絡が入り
本部や日本事務局へも何度も掛け合う事態になり
このままでは中途半端な支援で終わるのではと心配しましたが
何とか支援も繋がり、後継へ引き継ぐ事が出来ました。

支援中に何度かの略奪と投石にもあい
私物のデジカメも携帯も無くなりレポートに写真も載せられませんが
命が無事だったという事で活動報告と現地レポートは後日開催されるので
お時間が合えば報告会にお越しくださいね。
いつもご心配いただき本当に感謝しています。


22. Posted by なすび   2011年02月08日 10:54

大野さん、こんにちは。

ご無沙汰しています。
何とか無事に戻りましたのでマイペースで更新していきますので
今後ともよろしくお付き合いくださいね。

21. Posted by なすび   2011年02月08日 10:51
名前も書きたくないさん、こんにちは。


仰るようにブログではフィクションを書いても
誰も気づかないかもしれないですね!
実際に私はハイチへ派遣などされていないかも知れませんし
私が看護師ではないかも知れませんね。
それ以前に「なすび」と言う存在も怪しいのかも知れません。

ただ名前も書きたくないさんのお友達のブログと同様に
旅行の事やお店の事、お孫さんの事やペットの事など
日々の出来事を思いのままに綴られる日記のように
私もブログを書いて来ました。
自分の思いをその時の出来事になぞって書いているだけですよ。
ですからフィクションを書いても仕方がないわけで
読んでいただいて、この記事は嘘だと思われたのなら
それでも構わないのですよ。
そしてもし私が名前も書きたくないさんのお友達のブログへ
コメントすることで不快感を与える事になるのなら
今後は控えるようにしますね。

今回の件で少しお友達のブログを読み替えさせて頂きましたが
私とは親子ほどの年の差も有るようですし
ブログ主の方とは長くからのお付き合いでもあるのでしょうから
ブログ上のコメントでのつながりしかない私が控える事で
嫌な思いをしないで済むのならそれも致し方ないですね。。。
元看護師さんと言う事でしたので、
できればいろいろなお話を伺いたかったのですが…


20. Posted by なすび   2011年02月08日 10:45
チャーミンさん、こんにちは。

途中から交代要員の目途が立たないという連絡を受け
しかもキャンプで使うワクチンやシリンジすら供給が無くなり
このままでは診療行為存続も侭ならないと本部に何度も催促し
何とか現状維持を確保してきました。
やはり長引く支援には資金も人材も追いつかなくなってしまいます。
それでも被災者や二次災害者など、地震では無事だったのに
ここへ来てコレラで命を失う子供も多く
やるせない気持ちで戻ってきました。

元看護師と言う事でも知り合いから病気について相談され
根拠をもって適切な対処法を伝えられれば
離職しても相談に乗るのがいけない事ではないと思いますよ!
ただ分からない事や知らない事、それに自分の持つ知識が古いことは
そのままでは相談に乗っては危険だと認識さえできればいいのでは!?

臨床を離れずとも配属部署を変わって3年も経てば
使う薬も行う手技も殆ど変わってしまいますから
以前の知識のままでは元の部署で同じようには動けませんよね。
医療者であった以上、そう言った危険性は熟知して
いらっしゃる事でしょうし。。。
一概に否定するのでは折角の出会いや情報の交換すら出来なくなりますよ。

19. Posted by なすび   2011年02月08日 10:40
ヨッコ先生、こんにちは。

現地にはいくつかのTV局の取材が来ていたのですが
震災一年の時事ニュースが終わると、サッと引き上げられて
これでまたメディアから忘れ去られるのだなぁと
感じていました。

支援の方法や現地政府の自立復興が
重要なファクターなのですが
どうもその辺の対応が後手に回って
現状が見えていないのがこうした治安の悪さや
復興への障害になっているのでしょう。。

今後看護師を目指す学生さんにはそう言った部分も見て貰って下さいね!
因みに私は看護学修士ですよ。^^)

18. Posted by なすび   2011年02月08日 10:33
ばーびーちゃん、こんにちは。

ご心配をお掛けしましたが、何とか無事帰国しましたよぉ~!!
KR君も成人式を迎えられたようで、
これからは少し淋しくもなるのでしょうか!?

親子三代の浅草ドライブからもうすぐ2か月になるので
今度行ったときはスカイツリーが伸びているのでしょうね。
う~ん、やっぱり月日の経つのは早いですねぇ。。。

17. Posted by なすび   2011年02月08日 10:27
Sacchinさん、こんにちは。

派遣前は入ってくる情報に良いものがなく可也慎重に検討しましたが
やはり私でできる事で、しかもその援助を必要として下さる
被災者の方がいる以上、医療従事者として背を向けてはいかないと
先輩や教授陣にも後押しされ慌ただしく飛行機に乗り込みました。

現地の惨状に慣れは有る心算でしたが、被災地と言うだけでなく
暴動や略奪・身体犯罪など、悪の原因が私達外国人と思い込んでいる
そう言った群集心理の中での医療行為は実際に怖い思いもさせられました。

それでも助けられた命も多くあり、
コレラの蔓延の解消のお手伝いも多少は出来たので
行った甲斐はあったのかなぁと思っています。
被災者と支援者の立場はいつ入れ替わっても不思議ではないので
今私に出来る事なら怖がっていてはいけませんね!
これからも徐々に更新していきますので宜しかったらお付き合いくださいね。
16. Posted by なすび   2011年02月08日 10:21
ばあばさん、こんにちは。

本当にご心配をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。
お陰様で何とか無事任務全うして帰国しました。
それでも現地に残る被災者の方々は
未だに劣悪な環境の中に住む方も多く、申し訳ない気持ちで離任しました。
また私にできる事であれば、微力を捧げようと思っています。
それの原動力には皆様に頂いた優しい応援や励ましのコメントです。
ご心配をお掛けしました事を陳謝しながらも、
嬉しく温かな気持ちで一杯になり感謝しています。
今後ともよろしくお願いいたします。

今年はまず体力回復と増進でしょうか!?
又ご一緒に不安解消をしながら徐々に徐々にマイペースで
健康維持に努めていければと思っています。
何かあればいつでもメールくださいね!

15. Posted by なすび   2011年02月08日 10:17
Wiredさん、こんにちは。

年始のご挨拶も出来ずに慌ただしく出国してしまい
申し訳ない気持ちでいっぱいでいます。
それでも温かなコメントに励まされて無事に帰国できました。
これからも又のんびりペースで更新していきますので
よろしかったらお付き合いくださいね!
お子さんたちはもう直ぐ進級・新入学と華やかなシーズンを迎えますね。
綺麗な奥様と可愛らしいお子さんたちに囲まれて
温かなご家庭で過ごされる素敵な日々をブログで拝見させてくださいね!

14. Posted by なすび   2011年02月08日 10:14
アキラさん、こんにちは。

ご心配をおかけしましたが、無事帰国する事が出来ました。
皆様の応援を毎日聞こえ来るようで、
コメントを読みながら温かな気持ちになり、涙してしまいました。
いつもご心配・応援等ありがとうございます。

あっと言う間に一年が過ぎ、
雪国の子供たちはそれぞれまた新しく進級していくのに
ハイチでの復興の遅々として進まない現状に悲しい思いで帰りました。
それでもいつかきっと元気な笑顔に再会できると思って
これからも私のできる事で支援していきたいと思います。

13. Posted by ニコニコおかみ   2011年02月03日 14:13
今も 現地で大変な思いをされながら 日々ハイチで献身的につくされてる事でしょう。
現地はとても危険な状態と聞きます。
若いお嬢さんには過酷な所だと思います。
何かあっては・・・!
娘を思う親のような気持ちで
ブログの更新を日々心待ちにしながら、1日も早く元気で帰ってきて欲しいと祈る思いです。

コメントの中で いろいろ言われていますが なすびさんの意とするところではなく このコメントを帰国して目にしたなすびさんはどんな思いをするでしょう。
この瞬間も なすびさんは身を削ってお仕事に没頭されてる事と思います。
なすびさんのブログフアンとして 
みんなで温かく見守ってあげましょう。
無事に帰国される日を心から祈っています。
12. Posted by ママさん看護師   2011年01月29日 01:18
人材不足とは言え延長支援は予定外でしょうから
なすびさんも現地で大変な日々を
送られていることでしょうね!
大学の講義も気になるでしょうけど
被災者の為にも頑張ってくださいね。


名前も書きたくないさんへ

確か四国の方の方ですよね!?
チャーミンさんがお薬の件で危険指導を指摘していたかたですね?
なすびさんは実際に現地へ派遣され
今も被災者のために活躍されていますよ!
これは彼女も所属する団体の会報にも出ていますし
彼女の活躍は学会でも知られているので
同じ病院に努めていなくても知る事が出来ます。
なすびさんは救命やCNを目指す看護学部の学生の
あこがれの存在ですよ(笑)

チャーミンさんのいう危険性とは
おそらく名前も書きたくないさんが看護を勉強された
40年ほど前の知識のままを、今の医療のなかで個人的とはいえ
相談指導してしまうのは危険だと言ってるだけだと思います。
臨床を離れられてどのくらいかわかりませんが
まだ看護婦さんと呼ばれていた頃の知識は
現代医療では対処法も異なりますし、
薬の服薬特性も変わっていますから
その辺を指摘されたのではと思います。
准看護婦さんだったとすると、そう言った危険認識を
教育されていないのでしょうがないでしょうが
いずれにしても30以上も年の離れた若い子への
コメントとしてはチョット大人げないように感じますよ。


11. Posted by 愛媛の大野です   2011年01月28日 19:10
久々のコメントです
年をまたいでまで本当に大変な職業ですね
無事に帰ってこられるのを願っています
10. Posted by 名前も書きたくない   2011年01月27日 11:03
チャーミンさんへ

依然も私へのコメントにクレーム書きましたよね?
口だけの看護師と言う意味が分かりませんし
私は今は別の仕事してますが看護師だったことがあります。事実です。
なすびさんが本当にハイチへ
行ってるかどうか分かったものではないでしょう。
ブログなんて勝手な事いくらでもかけるんだから。
実際この人が本当に看護師なのかも分かりませんよ。
本当に志の高い看護師なのでしょうかね

友人のブログから繋がったのでしょうけど
私もこちらへのコメント控えますから
チャーミンさんもなすびさんも私の友人のブログへのコメント控えてもらえませんか。





9. Posted by チャーミン   2011年01月24日 16:52
派遣期間延長しているようですね。
人も資金も不足していると会報でも記事になっていました。

今まで何人も「自分もなすびさんと同じ仕事してます」って
コメント入れた人いましたけど
そういう人はこの実情をどう感じているのでしょうかね?
確か田舎の准看護師のおばさんも同じ仕事していると言いながら
実際は何年も前に看護師辞めているのに
人の医療相談を受けてるとか言ってましたが
そういう認識の甘さが医療事故を起こすのでしょう。
コメントの書出しがいつも「医療知識のない人は困りますね・・」でしたしね。

そういうひとが口だけでなく現地で活躍する医療者のフォローを
シッカリできれば医療界も変わるのでしょうけど
口だけの人が多くてはまだまだなすびさんのような
志の高い一部の人に頼るしかないのですね。
まぁ私も田舎モンの看護師ですけどね。

もうしばらく暑い日差しの中での危険な活動ですが
頑張ってくださいね!
帰国されたらまた講演を聞きに伺いたいと思います。
お元気でコレラに負けないでください。
8. Posted by ヨッコ   2011年01月12日 16:31
昨日書き込みを終えてから思い出したのですが
なすびさんは看護学博士でしたよね!?
皆さんが読まれるコメントに間違いを載せては失礼と思って
修正しなければと追記させてください。

昨日のニュースの内容をうちの学生に見せ
これから看護師となる彼女らへ
なすびさんのされている活動を通して看護師の職業を誇りに思えるよう
そして何処まで人の為になれるかを
VTRなど見せながら指導していきますよ。

活躍する映像に加えて、現地での犯罪や暴動で被害にあう医療スタッフのことも伝えられました。

兎に角無事に帰国されてください。
元気に更新再会される日を楽しみにしています。
7. Posted by ヨッコ   2011年01月11日 20:59
今日のニュースでハイチで活躍する日本人看護師として
綺麗な可愛い看護師さんが紹介されていましたよ^^
お元気そうで活躍されている姿が眩しいほどでした。
TVに出ていたボランティア団体は私は医師だけの集団かと思っていたけど
当然のように看護師さんもスタッフにいるんですね。
外国人に交じって女性一人活躍する日本人看護師さんを見て同じ看護師として誇りに思えます。
ああ、私は看護師と言ってもなすびさんのような看護学修士の看護師さんとは
足元にも及ばない一平卒の一般看護師ですけど。。。
年齢だけはなすびさんのおばあさんほどになるかしら^^
帰国できる日までもう少しコレラに負けずに
現地の人たちの為に頑張ってご活躍くださいね。

6. Posted by wired   2011年01月03日 13:12
あけましておめでとう

本年もよろしくお願いします

元気で頑張っておられる事と思います

            wired
5. Posted by ばーびーちゃん   2010年12月27日 10:17
頑張って下さい!
としか言いようのない私です。
普段からお忙しいのに
ハイチまで・・・
治安もよくないらしいし
ちょっと心配ですけどね~。

親子3代で浅草散策は
微笑ましいです。
ランデイ君はますます可愛さ倍増ですね。

今年もなすびちゃんにはいろいろ
ご心配頂いて本当にありがとうございました。
来年もまたお世話になります。
4. Posted by sacchin   2010年12月26日 16:54
大丈夫ですか?
なんだか心配だけど、なすびさんも沢山考えて、行かれることを決意なさったのでしょうし、現地で1人でも多くの方を救って、安全に帰国される事を心よりお祈りしています!

今年も本当にお世話になりました。
いつも暖かいお言葉に、何度励まされたことか。
来年もどうぞ宜しくお願い致します!
3. Posted by Happyばあば   2010年12月24日 06:02
なすびさん、もう出発なさったころでしょうか?
無事にお帰りになられることお祈りしています。
今年は私の病気についても有難いアドバイスをたくさんいただき感謝しています。
来年は元気に1年過ごせるようにがんばりますね。
いろいろありがとう!!
来年もよろしくお願いいたします。
2. Posted by wired   2010年12月24日 00:10
来年、元気に帰ってこられる事を
祈っております

本年もありがとうございました

           wired

1. Posted by shinobueakira   2010年12月23日 15:21
今までに何度も海外救援活動の経験があると言っても、なすびちゃんのお母様は理解してくれているようですが、悩んでもおられると思います。
これからハイチに向かおうとするなすびちゃんにこんな事を言うと叱られるかもしれませんが、お母様の気持ちは複雑だと思います。
ニュースで時々ハイチの状況を見ますが、かなり治安は悪いようですね。
早いもので、雪国の村からハイチへ救援に行って一年が経つのですね!
くれぐれも無理をしないで無事に帰ってきてくださいね!
病院の子供達もなすびちゃんと暫く会えないので寂しいでしょうね。
ランディ君もね!!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント
QRコード
QRコード