2011年02月22日

取り急ぎ

日勤の勤務中に派遣要請の打診が入り
早ければ今夜にもクライストチャーチへ向います。

詳細がまだ入りませんので
誰がどのくらいの期間派遣されるか分かりませんが
これから召集スタンバイの為事務局へ向かいます。

邦人が被災している情報も入っているので
邦人保護の目的からも緊急援助隊が組まれると思いますが
政府派遣なのか、NGO派遣なのか
もしくは後方支援なのかもまだ不透明な状況ですが
取敢えずこれから向かいます。

コメント頂いていた皆さん、お返事できずにすみません。

                    なすび

nasubi83 at 17:23│Comments(23)TrackBack(0)ボランティア 

トラックバックURL

この記事へのコメント

23. Posted by なすび   2011年03月05日 08:11
wiredさん、重ねて感謝します。

私は無事帰国できましたが
やはり残された被災者の方やそのご家族の方の心情を思うと
疲れたなどと口にすることはできませんね。
兎に角私は何とか元気に職場復帰もしていますので
本当にご心配いただき感謝の念でいっぱいです。
ありがとうございました。


22. Posted by なすび   2011年03月05日 08:07
ばーびーちゃん、おはようございます。

いつもご心配をおかけしてすみません。
私は何とか無事に帰国することが出来ました。
でも自らも負傷し友の所在も掴めず心に大きな傷を負って
帰国せざるを得なかった被災者の心情を思うと
やはりつらいですね。
残された方々が一日でも早く帰国できることを祈るばかりです。

21. Posted by なすび   2011年03月05日 08:03
あいさん、おはようございます。

ご心配いただきましたが何とか無事帰国することが出来ました。
虚しさを残しツライ思いを背に浴びながらの帰国でしたが
どんな資格を有していても、結果として。。。。
無念さの残る活動でした。

20. Posted by なすび   2011年03月05日 07:59
Sacchinさん、おはようございます.

いつもご心配頂き本当にありがとうございます。
励ましのお言葉をいただきながら現地を訪れたのですが
虚しさの残る派遣となって帰国しました。
本当に一瞬にして崩れ落ち、瓦礫と化してしまったかのような
そんな現状にも奇跡を信じて活動していたのですが。。。
命の重みを再認識させられた数日間でした。。。

19. Posted by なすび   2011年03月05日 07:58
埼玉の看護師さん、おはようございます。

やはり被災者のご家族の心の負担は多大なものですから
早期に心のケアを受けられる体制を作ったのはよかったと思います。
海外での不慮の事故などでは、被災者本人はもとより
ご家族の心中も重要なケア対象になりますから。。

今回の被災者の中には海外でのケア資格取得を目指して
現地に在留されていた方も多くいらっしゃいましたね。
こういう形で夢を絶たれたり人材を失うのは本当に偲びないですね。

18. Posted by なすび   2011年03月05日 07:55
徒然さん、おはようございます。

ブログへお邪魔する間もないまま出発になり
ご心配ばかりおかけしてすみませんでした。
ご主人様やコウセイ君はその後お変わりありませんか!?
徒然さんご自身も色々気苦労も重なる事もお有りでしょうから
無理のないようにお過ごしくださいね!
又落ち着いたらお邪魔させていただきますね!

17. Posted by なすび   2011年03月05日 07:53
ニコニコおかみさん、おはようございます。

いつもご心配頂き感謝しています。
ご心配ばかりおかけして申し分けない思いで帰国しました。
数年前に滞在したあの町がこれほど悲惨な変貌をするとは
我が眼を疑う惨状でした。
幸いハイチのような途上国とは違い、国内からの支援の手も厚く
日本の都市部とも異なり、ビルの密集率も高くないので
崩壊危険な建物とそうではない物が分けられたので
避難場所の安全も確保され、又被災家屋も全壊する物は比較的少なく
人々の助け合い精神も国を挙げてのものだったので
初期災害を免れた方々は何とか生活を見出すことが出来そうでした。
むしろ海外から入国していて被災された方やそのご家族の方が
言葉や情報・説明の受け方の文化の違いに苛まれ
ストレスを訴える方が多かったように感じました。
そういったケアにも携わりましたが、
やはり本来の救助活動の結果が出せず無念の残る派遣でした。。。


16. Posted by なすび   2011年03月05日 07:49
ママさん看護師さん、おはようございます。

いつもご心配頂き感謝しています。
帰国時は温かな声を掛けて頂きありがとうございました。
お陰様で少しだけ気持ちの整理も出来て救命業務へ戻れました。

活動レポなど又メールしますね。今回はチョッとツライ思いでしたが
本当につらいのは被災者のご家族ですものね。。。

15. Posted by なすび   2011年03月05日 07:47
ばあばさん、おはようございます。

初期治療や救出活動を目的とした派遣の際は
いつも急な要請と決定がセットになってやってきます。
そのたびにランディに許しを貰って、
母や先輩に無理を言って彼を預けてその足で事務局へ向かうので
皆様にはご心配ばかりおかけして申し訳ありません。

今回のように無念さばかりが残る派遣は、やはりつらいですね。
皆さんへご心配をおかけし、無念さだけで戻ることは
自然の前では人間はやはり無力であることを思い知らされます。
これからを夢見て現地へ留学された方も多かったでしょう。。。
無事に帰国された方も心に大きな重荷を持ってしまったようで
残念でなりません。。
14. Posted by なすび   2011年03月05日 07:42
アキラさん、おはようございます。

被災地では業務の内容も隊員の衣食住も限られたものになります。
その為人海戦術は取れず、少数精鋭での活動が基本になります。
新卒者の方が仕事がないからと被災地へボランティア活動に入られても
被災状況の分析や救出術・初期治療などの知識のないままでは
二次災害を招きかねない事態を引き起こす可能性が高まることは
容易に想像できますね!?
また海外ではその生活基盤や文化も異なり、対応力や語学力も求められます。
そう言った事からも海外で活動できる基準を設け
資格として国際レベルを保とうとしています。
残念なことに今回の被災者の中には、その資格を目指したナースもいました。
これからの活躍を夢見、そして期待されていた方々が
こういった形で夢を絶たれるのは偲びがたい思いでした。

13. Posted by なすび   2011年03月05日 07:39
Wiredさん、おはようございます。

今回も急な出発でしたのでご心配をおかえするばかりで
申し訳ありませんでした。
必要とされる中へ飛び込むことは出来ても
結果の伴わないこともあり、無念さばかりの派遣でした。
落ち着きましたらまたブログの方へもお邪魔させていただきますね!

12. Posted by wired   2011年03月05日 01:34
ご苦労様、無事に帰られた事と思います、不眠不休で頑張られ体力的にも精神的にも、とてもハードだったと思います、ゆっくりと休んでくださいね
11. Posted by ばーびーちゃん   2011年03月03日 23:48
まあ、今度はそちらに・・・!
本当にお忙しい。
なかなかゆっくりできないですね。

きっと今頃はしっかり任務を
果たしてらっしゃる頃だと思います。
なすびちゃんの働きには
アタマが下がりますね。

とにかく無事ご帰国をお待ちしてます。
10. Posted by ママさん看護師   2011年03月03日 22:55
お疲れ様でしたね!
貴女の性格から無念で一杯の帰国でしょうが
きっと被災者は感謝しているはずですよ。
だからもう泣かないで疲れを癒してください。
ご苦労様でした。
9. Posted by あい   2011年02月27日 21:25
今までも感じていたことですが
なすびさんって普通の看護師さんとは違った
本当にスペシャルな技術者なのですね!
国際レベルの資格を有して、いざと言う時は
真っ先に駆けつける救助隊メンバーに招聘される力量は
私たちが普通にイメージしている看護師さんとは違った
本当に国を代表するような方なのですね!!
とにかく本当に大変なお仕事ですが
無事に帰国されることを祈っています。
8. Posted by sacchin   2011年02月27日 07:55
やはりチームに入っていたのですね。
ここ最近ネットから遠ざかっていたから、報道をみて
なすびさんもきっと行ったのだろうと思ってました。
馴れない土地、余震の緊張、とにかく大変でしょうけど
頑張ってください。
7. Posted by 埼玉の看護師   2011年02月26日 23:42
富山Dmatに続いて、日赤もこころのケアチームの
派遣を決めましたね。
長期戦も覚悟しなきゃならないでしょうが
なすびさんも冷たい雨の深夜も関係なく
24時間体制で休みなしに支援活動されているので
お身体が心配ですが、このチームは世界からも屈指の最高スペシャリスト集団と評価を得ているのですから
その一員としての誇りを持って安全に任務にあたってくださいね。

被災者の中にはなすびさんのように
海外で活動する国際看護資格を得るために研修を受けていた人たちもいるようですから
なすびさんの心もさぞ痛むでしょうが
無理のないようにご活躍くださいね。

改めてなすびさんの技量や資格に敬意を表しながら
その実力に頼らざるを得ないといけない事に
同じ看護師としても自分の技術の未熟さを嘆いています。
ただ今の看護師要請方法では
なすびさんのような技量や資格を得る事の出来る人は
中々育成できない気もしてならいないです。
頑張ってください。
6. Posted by 徒然   2011年02月24日 07:42
やはり、そうでしたか。。。
ニュージーランドには日本人が多く住んでいますし、語学力も有るなすびさん達を必要としている方々が待っているんですものね。
くれぐれも体調・2次災害にはお気を付けて下さい。
5. Posted by ニコニコおかみ   2011年02月23日 15:38
やはり!
ハイチから帰られ やっとおかあさんやランディ君との時間も取れ 良かったな~!と思ったところでしたのに!

ニュースが流れた時 もしかして またなすびさんに派遣要請が?
ハイチから帰られてまだ間もないなすびさんには 今回は要請が掛からないのでは・・・?出来るなら掛からないで欲しいと思ってしまいました!

でも被災に遭われた方々は 一刻も早い救援の手を待ち望まれてるんですよね。
まだ余震も頻繁に起こっているようです。
くれぐれもご自身のお体にも気をつけられて救援活動に励んでください。
元気に変えられる日を 心よりお祈りしています。
 
4. Posted by ママさん看護師   2011年02月23日 09:59
再度の派遣ご苦労様です!
現地では語学留学中の看護師さんも被災され連絡がとれないと
ニュースで言っていましたが、時間が経つにつれ
救命率も下がるので政府専用機での緊急支援も当然ですね。
2時に成田発とTVでいっていますが
それまでも準備で忙しいでしょうが
まずは自分の安全を最優先してください。
なすびさんの技術が被災者を救うのですから
貴方が倒れることのないように頑張ってください。

3. Posted by Happyばあば   2011年02月23日 06:49
おはようございます。
もう出発されましたか?
この地震のニュースを聞いて、まさか帰ったばかりのなすびさんには・・・
と思ってたのですが、やはりお声がかかったのですね。
昨夜この記事を読んでからニュースを見ていましたが、70名程の緊急支援チームが組まれたとか。
その一員でしょうか?
いづれにしても大変なお仕事。
ハイチの困難さとはまた違うでしょうけど、お身体に気をつけてがんばってくださいね。
無事のお帰りをお待ちしていますね。
2. Posted by shinobueakira   2011年02月22日 23:03
無事にハイチから帰ってきたので一安心と思っていた矢先に今度はニュージーランドでの大きな地震が発生し、日本人も何人か犠牲者が出ているようですね。
自然災害が世界中で発生するたびに救援活動に出動していてはなすびちゃんの体が心配です。
これほどまでに過酷な仕事が続くのはなすびちゃん達のような資格を持った有能な人しか役に立たないからなんでしょうかね?
日本の中には仕事がなくて困っている新卒予定者も多くいると言うのに、矛盾を感じますね!
今回も未だ余震が続く危険な状況なので心配ですが、無事に帰って来てくださいね!
1. Posted by wired   2011年02月22日 23:00
ニュージーランドでの震災のニュースを聞いたときには、もしやと思ったのですが、やはりですね
なすびさんを必要としている人達が待っているのですね、お体に気をつけていってらっしやい

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント
QRコード
QRコード