雪国便り

2009年12月30日

雪国にて

クリスマス直前にこちらへ来てから
雪の量と寒さに驚きながらも何とか元気に遣っています!

毎日午前中は近所にお住まいの患者さんの外来と
午後からは診療所まで来る事のできない患者さんや
高齢のお一人暮らしで車を運転する事のできない患者さんの
おうちを一軒一軒回っての巡回医療に出かけています。

雪道も晴れていればなんとかなるのですが
吹雪いてしまうと私の運転では心もとなく・・・
不慣れな診療所の車では怖いので自分の車で出かけています。

Dr.と二手に分かれての行動になることも多いので
この吹雪の中の運転に慣れなければ。。。

当初はこの診療所でのオペ対応も可能な様にとの事で
救急医とCN(認定看護師)を揃えたのでしょうけれど
そんな大きな手術準備も要らないかなと安心していた頃に
最初の救急処置が入りました。

私が一人暮らしのおばあさんの所で
血圧などの定期検診をして褥瘡の処置をしている所へ
別のお宅から先に診療所に戻ったDr.から呼戻しコール!

60代男性、お隣さんと一緒に雪かきをしていた際に転倒。
頭部強打による硬膜下血種を確認
開頭手術に入りました。

今までならこの程度の手術でも診療所では応急処置だけして
市内の2次救急病院まで救急車で搬送していたそうですが
今回はその移動時間を掛けることなく無事手術も成功。

予後も心配ない状態で安定させられました。

術後、患者さんの奥様が
「ここで手術してもらえるなんてありがとうございます」
目に涙をためながらそう仰って下さいました。

手術自体は市内の病院でした方が
この診療所よりマンパワーなどでは万全と言えるでしょう。
ただご家族の負担はそこから始まるのです!

入院期間中は毎日雪で足元の悪い中
遠くの病院まで着替えなどの荷物を持って
バスを乗り継いで数時間掛けていく事を考えると
近くの診療所での入院なら、日に何度でも顔を出せますし
患者さんもご家族への心配を軽減できますしね(^^)

Dr.が当初ここでオペ対応したいので
どうしてもCNを派遣して欲しいと要請された意味が
なんとなく分かった気がした日でした。


その後もおじいちゃんの所へ帰省されていた小学生が
アッペ(appendicitis・虫垂炎)になり、
こちらもここでオペ対応しました。

この土地出身のお父さん(この小学生の父親)は
「俺が子供の頃には、
      盲腸だって市内の病院へ担ぎ込まれたけどな!」


確かにアッペとは言え、腹膜炎を併発するような状態だと
予後を考えここでのオペより、充実した設備のある病院で
対応したほうが良いのかも知れませんが
こうして少しでも地元を離れることなく対応できたり
搬送に時間を掛けずに処置対応できる事が
患者さんにとっても、そのご家族にとっても
安心な事なのかもしれないですね!

大切なのは、その患者さんがこの診療所で対応できるレベルか
時間を掛けて搬送しても、設備の整っている病院で対応すべきか
その境界線を瞬時に見極められるトリアージ技量を持つ
医療従事者であるかどうかと言う事なのかもしれません。


追記
個人のPCを繋げるのは自室に戻ったときだけなので
中々更新も出来ませんし、皆様のブログへお邪魔する事も
侭ならない状態ですのでコメントを残させていただくのは
帰京してからになります事をお許しください。

そして予想された事ではあるのですが・・・
どこの病院もこの時期にCNを派遣できる余裕は無い様で
(基本的にどこの病院にもCNがいるわけではないですし)
提携元のうち以外からの応援は期待できず
このままもう暫く私が残る事になりそうです。。。

取敢えずランディ共々元気で遣っておりますので
皆様にはどうぞ良い年末をお過ごしになり
素敵な新年をお迎えくださいね!

予報では夜明け前から荒天になるようです
寒さ以上にこの吹雪では往診も大変ですが
明日は市内の中学生が作ったおせち料理を
一人暮らしの方々へ届けるイベントがあり
今年は私がご一緒に回って年末最後の検診もしてきます。

暖かいお雑煮が凍りつかなければいいのですけれどね!







nasubi83 at 01:53|PermalinkComments(6)TrackBack(0)
最新コメント
QRコード
QRコード